ここから本文です

ミランダ・カー、若き大富豪Snapchatスピーゲル氏と結婚しました!

5/30(火) 7:50配信

エスクァイア

2017年5月27日、ミランダ・カーとエヴァン・スピーゲルは自宅で式を挙げました。

 アメリカのエンターテインメント系ニュースサイトである「Entertainment Tonight(etonline)」によれば、ミランダ・カーさん(34歳)とエヴァン・スピーゲル氏(26歳)は、2017年5月27日(土)に結婚式を無事終えたとのことです。
 
 場所は2人が暮らすカリフォルニアのブレントウッドの家で。親しい家族や友達たちだけの前で、邸宅の裏庭で式を挙げたと報じられています。

【髪を切ってからスピーゲル氏と婚約するまでの超絶美しいミランダ・カーの変遷画像を振り返る!】

 関係者によれば、「小規模で親しい人たちだけの集まりだった」と、非常に親密な結婚式だったとの証言があります。ゲストは5月27日(土)の夕方に、スピーゲルのロサンゼルスの家に到着。この結婚式の前には、料理を担当するスタッフを中心に邸宅の裏庭ではパーティの準備で大盛り上がりだったそうです。

スピーゲル邸の裏庭で厳かかつアットホームに式は行われました。

 集まったゲスト数はというと…約40人ほど。女性はカラフルなロングドレスを着用し、男性はスーツスタイル。出席者はすべて、運転手付きの車でシュピーゲルの家へと入っていきました。報道陣との接触を避けるためでしょう。
  
 同じくエンターテインメント系ニュースサイト「E!ニュース」によれば、ゲストたちの集合時間は午後4時だったとのことです。

 ピアニストが『星に願いを』演奏されるなか、ゲストたちはテントが張られた裏庭でカクテルを楽しみながら式の開始を待っていたとのこと。その後、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロによる弦楽生演奏が始まって、4時40分頃から式がスタート。式自体は約20分と短い時間で終了したそうです。 
 
 その後はゲストと新郎新婦の間で、心からのお祝いの言葉と感謝の気持ちを伝え合ったとのこと。会場はピンクのカントリーローズが飾られ、非常に手作り感のある素敵なものだったそうです。関係者の中には、「新郎新婦は感極まって、目に涙を浮かべていた」とコメントする人もいたそうです。
 
 ミランダの愛息子であるフリンくんは、新婦を先導して聖書を運ぶページボーイなどの役割を務めたとか。気になる元夫、オーランド・ブルームは出席していたのでしょうか…? それはまだ明らかになっていません。

 この式に関係する写真に関しては、現在も前ページで紹介しているスピーゲル氏の邸宅を外から見た写真しか探すことができません。今後、ミランダさんやスピーゲル氏自身からの正式発表を期待しましょう。そして改めてお二人へ、ご結婚おめでとうございます!

ESQUIRE JP

最終更新:5/30(火) 7:50
エスクァイア

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エスクァイア

ハースト婦人画報社

2016年10月発売号

価格1200円

1933年にアメリカで誕生した
ハイエンド・ファッション雑誌です
ファッションやライフスタイルにとどまらず
アート、カルチャー情報などを届けます