ここから本文です

クレジットカードのプロが厳選! 高還元率の殿堂入りカード3選

5/30(火) 16:00配信

マネーポストWEB

 数あるクレジットカードのなかで、一体どれを持てばいいのか。「まず考えるべきはポイント還元率」とプロたちは口を揃える。そこで、「高還元率カードといえばコレ」と、プロたちがすすめる1枚を厳選しました。クレジットカードを使いこなすための、最新ニュースとともにチェック!

◇教えてくれたプロたち

【菊地崇仁さん】ポイ探代表取締役。57枚のクレジットカードに入会し、実際に使った体験に基づいたアドバイスをする。主な著書に『新かんたんポイント&カード生活』(自由国民社)。

【松岡賢治さん】マネーライター。ファイナンシャルプランナーの資格も持つ。『@ダイム』(http://dime.jp/)にて、「松岡賢治のマネーtab」を連載中。

【岩田昭男さん】クレジットカード評論家。情報サイト「岩田昭男の上級カード道場」を運営。主な著書に『絶対トクする! クレジットカード最強ガイド2017』(学研プラス)。

 そもそも、クレジットカードの還元率とは何か。

「クレジットカードで買い物をし、支払った金額に対し、どれだけポイントがもらえるかをパーセンテージで表したもの。ポイントは、現金での買い物にはない、クレジットカード最大のメリットで、貯まれば現金同様に使えたり、お得なクーポンと交換できます」(岩田さん・以下同)

 クレジットカードを持つ枚数はなるべく減らし、ポイントを1枚のカードに集約するのが、お得な使い方の鉄則。そのため日頃メーンで使うカードは、高還元率な方がコスパがいいということになる。

 一般的なクレジットカードは、還元率0.5%(200円で1ポイント)なので、1%あれば得(100円で1ポイント)で、それ以上なら超お得とされている。

「ここ最近、この還元率は軒並み引き下げが続いています。かつては最高で2%の還元率を誇ったカードも、昨年、新規発行が停止に。そんな中で、1.5%の還元率をキープしているカードは、最強といえます」

 これまでの高還元率カードを見ても、「漢方スタイルクラブカード」1.75%→1.5%、「REX CARD」1.75%→1.5%、「Reder’s Card」1.5%→1.1%、「リクルートカードプラス」2%→新規発行停止、など還元率が変更される例などが出ている。そうした中で最強の高還元率カードを3人のプロが厳選した。

1/2ページ

最終更新:5/30(火) 16:00
マネーポストWEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

マネーポスト

株式会社 小学館

2017年夏号
6月1日発売

定価620円

最新号の総力特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。「年内株価3倍期待の高成長株10」他、上がる株を一挙大公開。