ここから本文です

大人は白Tシャツにこだわって!おすすめブランド5選

5/30(火) 17:00配信

集英社ハピプラニュース

Tシャツを楽しむ季節がやってきました! 「着やせ」「着映え」「年相応」を叶えるTシャツ選びのポイントは?おしゃれプロが自分のために選んだ一枚とは?人気スタイリスト&エディターが最愛Tシャツをプレゼン、こだわりが光るラインナップをご覧あれ!

体のラインを拾わない形と素材がツボ

「厚みのある体でもゆとりを持って着られるビッグサイズのポケTです。ハイウエストのワイドパンツにタックインして、バランスよく見せる工夫も必須!」(スタイリスト大平典子さん)

パンツ¥14000/スティーブン アラン トーキョー(スティーブン アラン) サングラス¥30000/モスコットトウキョウ 時計¥25000/ダニエル・ウェリントン 原宿 バッグ¥23000/フラッパーズ(マニプリ) 靴¥62000/シー・ピー・シー・エム(マルティニアーノ)

毎年必ず新調する夏のマストアイテム

「ジャパンフィットのSサイズは袖の丈と太さが私にちょうどよく、腕を長く見せてくれます。体に合うサイズを選べば、肩や背中の肉感も気になりません」(スタイリスト石上美津江さん)

スカート¥28000/ビショップ(オーラリー) 帽子¥9800/セム インターナショナル(エクアンディーノ) ブレスレット¥13000/アルアバイル バングル¥25000/アングローバルショップ 表参道 リング¥18000・バッグ¥32000/リフラティ シップス たまプラーザ テラス店 ジャケット¥23000/エヌイグレック(ポエトリーオブバーズバイモーテル) サンダル¥20000/ファビオ ルスコーニ 六本木店

凹凸感のある素材で真夏でもさらっと快適

「隠したい部分の目くらましに効果的な、張り感のある硬めの生地。綿100%なのにシャリッとしていて驚くほど涼やかなところも、暑がりな私には最適です。ゆるっと着たいので大きめのメンズサイズを選びます」(エディター鈴木絵美さん)

体の肉感を拾わずオールマイティに活躍

「本当にプレーンだから何にでも合い、一枚でもインナーとしても、一年を通して活躍します。生地は薄手ですがフィットしすぎないので肉感を拾いません。丸胴編みのノンストレスな着心地や適正価格も高ポイント」(エディター栗田瑞穂さん)

甘くゆるんだ大人体型をロゴの力でカバー

「腕やおなか以外にもカバーしたいパーツは数知れず。Tシャツはゆるめのサイズ感や、ソフトだけど薄くない素材が必須です。このブランドのロゴTは、その点をクリアしつつ、大人も無理なく着られるのが◎」(エディター栗山直子さん)

お気に入りの白Tがあれば、コーデの幅が広がること間違いなし!

撮影/戸松 愛(モデル)坂田幸一(物) ヘア&メイク/TOMIE(nude.) スタイリスト/池田めぐみ モデル/AYUMI 取材・原文/葛畑祥子

LEEweb