ここから本文です

バルサ新監督は「とてもシャイ」 戦術面では「適応力に優れる」とスペイン紙分析

5/30(火) 9:05配信

Football ZONE web

かつて日本代表監督候補にも挙がったバルベルデ氏の就任が決定

 バルセロナは来シーズンからの新監督に、エルネスト・バルベルデ監督の就任を発表した。過去には日本代表の監督候補に挙がったこともある指導者は世界屈指のクラブの指揮官を務めることになるが、彼の自伝を記した著者によると「とてもシャイな人物だ」という。

【画像】メッシ、ロナウジーニョ、ネイマールが並ぶ、“MRNトリオ”の貴重なスリーショット!

 スペイン紙「スポルト」の取材に応じたのは「メディオ・ティエンポ(スペイン語でハーフタイムの意味)」というバルベルデの本の著者であるベルナルド・アトチャガ氏だ。同氏によると彼は一人でいることを好み、現役時代はアウェー、ホームゲームでも集中するために姿を消すことが多かった。またエスパニョール時代にはカメラを手にして、写真を収めていたという。

 アラベス、エスパニョールを経てバルサの一員となったバルベルデはチーム在籍期間こそ短かったものの、クラシカルなウインガーとして知られた。その後移籍したアスレチック・ビルバオで引退後に指導者としての道を歩み、エスパニョール、ビジャレアル、オリンピアコス、バレンシアなどの監督を歴任した。

 その指導スタイルは性格同様、「決して過激ではなく、適応力に優れている」タイプのようだ。エスパニョールで監督を務めた頃には「ポゼッションで勝てないかもしれないが、チャンスがある」と堅守速攻をベースにした。

愛用してきた基本システムは4-2-3-1

 またフォーメーションは4-2-3-1をベースに使うものの、バルサ伝統の4-3-3システムを採用することも不思議なことではないと、同紙は伝えている。

 3シーズンで9つものタイトルを獲得したルイス・エンリケ前監督からチームを引き継ぐプレッシャーのなかで、温厚な性格の指揮官は「MSNトリオ」らを筆頭に各ポジションに各国代表クラスが並ぶ陣容を、どのようにとりまとめていくのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/30(火) 9:05
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新