ここから本文です

前川氏の証人喚問で官邸は対決を --- 中村 仁

5/30(火) 16:01配信

アゴラ

核心的な議論をなぜ避ける

加計学園の獣医学部新設計画をめぐり、文科省の前次官の前川氏が「総理のご意向などとする怪文書」は実在すると、記者会見で述べました。それを受け、石破前地方創生相は「それなりの意義がある」と、発言しました。さらに、子どもの貧困を扱うNPO法人(キッズドア)の代表が「前次官は退職後、私たちのボランティア活動に参加していた人」と意見表明をしました。官邸はいつまでも強引な態度をとり続けるべきではありません。

その一方で、前川氏に対し、「気ままに行動していた人物にすぎない」、「文書にはかなり脚色や誇張があると、推察される」、「内部文書の持ち出しにあたり、公表は違法ではないか」、「騒ぎ過ぎ。素行が怪しい人物で、取り上げる価値はない」などという批判が寄せられています。

二つの学園問題で、「文書を公開しろ」と要求すると、「廃棄したので存在しない」(近畿財務局)という。「文書が存在した」というと、「それは怪文書だ」(官房長官)という。告発すると、「素行が怪しい」。こういう展開に苛立ちを覚えている国民は多いでしょう。

周辺の問題ばかりに執着

結論から申し上げますと、何度かブログで取り上げましたように、この問題の核心部分は、「加計学園に獣医学部の新設を認めたことは間違いであったのか、なかったのか」にあります。もっぱら怪文書の有無、忖度の是非、前次官の人格問題に焦点が移っています。核心部分の周辺ばかりが取り上げられている現状に不満を覚えます。

前川氏を証人喚問して、疑念が見つかれば、偽証罪(3か月以上、10年以下の懲役)で告発すべきでしょう。国会審議日程が詰まっており、他の重要案件があるというなら、官邸は学園問題の本質的な部分である獣医学部認可の適否(加計学園)、国有地の払い下げ価格の適否(森友学園)について、政府見解を公表すべきです。この核心部分が正しいならば、周辺部分の問題を追及する意味が薄れます。

例えば、首相は明らかにいくつかのウソをついていると推察されます。「加計学園から依頼を受けていない」は虚偽で、首相と学園理事長の長年にわたる親友関係から言って常識的にあり得ません。「首相の指示はなかった」についてはこれも虚偽でしょう。官邸補佐官らを使って、首相側の意向を伝えるという間接話法をとったと思われます。広義の指示でしょう。政策目的が正しければ、これなんか許容範囲ですよ。

1/2ページ

最終更新:5/30(火) 17:56
アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム