ここから本文です

ジョニー・デップ、アンバー・ハードとの離婚原因は映画の役どころ?

5/30(火) 14:30配信

VOGUE JAPAN

ジョニー・デップがアンバー・ハードと離婚した理由は、映画内でのアンバーの「性的に挑発的な」役どころにあると言われている。

結婚1年で破局したジョニーとアンバーの2ショット集。

アンバーは昨年11月に未発表作品『ロンドン・フィールズ』のプロデューサー陣から、劇中でのヌードを契約上許可していないという誤った主張により演技と宣伝活動の義務に違反したと訴えられており、更にアンバーによる反訴の中では自身に似た人物を使ってヌードシーンが加えられたと主張していた。

さらにここにきて同作の幹部らは、アンバーが宣伝活動を拒否した理由は「嫉妬深い」元夫のジョニーの圧力があったからだと主張しており「ハード氏の違法行為は『ロンドン・フィールズ』撮影中に起きていたデップ氏との波乱に満ちた関係が影響していたのかもしれません。ハード氏の演じた性的に挑発的な女性の役どころが、デップ氏との離婚の引き金になったといえるからです」としている。

『ニューヨーク・ポスト』紙ページ・シックス欄によると、その訴訟の中で、アンバーは当初性的なシーンの撮影にも合意したものの、元妻アンバーがとてつもなく嫉妬深いと表現するジョニーがアンバーに圧力をかけたため、後になって合意していないと主張したのではないかとされているという。

アンバーの弁護団はこの映画について「酷い作品」であると苦言を呈しており、プロデューサーのクリストファー・ヘンリーとその妻でありアンバーのふりをして過激なセックスシーンの撮影を行ったとされるロベルタが必至になっているだけだとしている。

その一方でジョニーの代理人はプロデューサー陣の主張に対し「馬鹿げている」とコメントした。

Bangshowbiz

最終更新:5/30(火) 14:30
VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年12月号
2017年10月28日発売

700円(税込み)

大人気モデル、テイラー・ヒルが表紙に初登場! 「ダーク」なヴォーグ、28日発売。