ここから本文です

トランプ米大統領、G7サミットでもヘッドフォン着用せず --- 安田 佐和子

5/30(火) 16:32配信

アゴラ

イタリアの宝石、タオルミナで開催された主要7ヵ国首脳会合は無事閉幕しました。

予想通り、G7声明(http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000260045.pdf)ではパリ協定で足並みの乱れを示しました。例をみない文言をこうして眺めると、なかなか衝撃的です。

“「32.米国は気候変動及びパリ協定に関する自国の政策を見直すプロセスにあるため,これらの議題についてコンセンサスに参加する立場にない。米国のこのプロセスを理解し,カナダ,フランス,ドイツ,イタリア,日本及び英国の元首及び首脳並びに欧州理事会及び欧州委員会の議長は,伊勢志摩サミットにおいて表明されたとおり,パリ協定を迅速に実施するとの強固なコミットメントを再確認する。」”

ただし、貿易では保護主義と闘うコミットメントを確認しています。さらに鉄鋼の過剰生産への取り組みにも触れ、ダンピングや差別的な非関税障壁など「貿易歪曲的な慣行の撤廃を推進する」とも明記しました。貿易では他に「ルールに基づく国際的な貿易体制の重要性」を指摘、世界貿易機関(WTO)の機能を改善させる方向性で一致しています。少なくとも、トランプ政権がこれを認めたことで二国間交渉がWTOのルールを前提に進められる余地を残したと期待したいところです。

日本としては、南シナ海問題への懸念と北朝鮮ヘの非難が明確に盛り込まれた点は評価したい。中国側が「強烈な不満」を表明するのは想定の範囲内であり、今後は一帯一路サミットとの関係でどこまで対峙できるかが注視されます。米国側が派遣した一帯一路サミットへの代表団に国家安全保障会議(NSC)アジア上級部長であるマット・ポッティンジャー氏(https://qz.com/983477/trump-just-gave-china-what-it-wanted-for-its-new-silk-road-a-credibility-boost-from-the-us/)の姿を確認できたこともあり、北朝鮮との対応を踏まえ”ディール”を模索しないとも限りません。

注目は、型破りなトランプ米大統領の行動です。トランプ米大統領、G7首脳の写真撮影に遅れて登場したそうなんですよね。撮影場所までゴルフカートで移動していたことが、遅れた理由だとか。反トランプ派の格好の攻撃材料となってしまいました。民主党のクリントン候補へ放った健康問題への言葉(http://mybigappleny.com/2016/09/27/debate-round1-16/)が、今度は自身に向かう有様です。北大西洋条約機構(NATO)の首脳会議では写真撮影にてモンテネグロ首相を押しのけて最前列を陣取った(http://www.telegraph.co.uk/news/2017/05/28/sean-spicer-slaps-bbc-suggestion-donald-trump-failed-use-translator/)ものですが、G7では場所が事前に決定していたため遅れてもOKと判断したのでしょうか。

1/2ページ

最終更新:5/30(火) 16:32
アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム