ここから本文です

マシュー・マコノヒーが冴えないオヤジを演じた、成り上がりストーリー

5/30(火) 20:42配信

MEN’S+

 170億ドルの金塊が一晩で消えた!? どんでん返しの連続が待ち受ける、驚くべき実話。 
 
 少々(?)ダサオヤジに変身した、マシュー・マコノヒーに注目です!

【 予告動画を見る! 】 少々(?)ダサオヤジに変身した、  マシュー・マコノヒーに注目です!

映画『ゴールド―金塊の行方―』

 もし自分の夢が叶うのなら、それ以上に幸せなことはないでしょう。 
 
 祖父の代から続いていた採堀会社「ワショー社」の経営を任されたケニー・ウェルス(マシュー・マコノヒー)は常に前向きな楽天家の男であり、恋人ケイ(ブライス・ダラス・ハワード)と日々夢を求めて生活していました。すると、事態は悪化。会社の経営状態は苦しくなる一方で、株価はゼロに等しくなり、経営存続まで怪しくなります。 
 
 そんなある夜、インドネシアで金を採取する夢を見ます。ケニーは直感を信じて、かつて最高の銅鉱を掘り当てた地質学者のマイケル・アコスタ(エドガー・ラミレス)に連絡し、インドネシアのジャングルの奥深くへ。 
 
 食糧不足やマラリアに感染するなどのバッドコンディションのなか、現地スタッフたちと金を探す二人。そんなある日、マイクが巨大な金鉱の手がかりを見つけたとケニーに連絡し、掘り起こしたところ遂に金を発見します。

 金を掘り越したことで全米の人気者となったケニー。そこに巨大投資銀行らからビジネスの話が舞い込み、笑顔の毎日を過ごすことに…。すべてはこのまま上手くいくはずだと思っていたケニーとマイクでしたが、ある日、170億の金塊が消えてしまうのでした。 
 
 あらゆる敵が交錯するなかでケニーたちは混乱し、FBIからある疑惑に関する捜査を受けてしまいます。果たして、誰がケニーを罠にはめたのか? そして、その犯人の狙いとは一体何なのか? 怒り狂うケニーたちは、犯人を探し当てることはできるのでしょうか?

体型を改造したマシュー・マコノヒーに注目!

 注目ポイントは、決してかっこ良いわけでもない親近感が沸く普通の男ケニー。彼は他人の意見をあまり聞かず、自身の直感を信じて走り続けるところです。目の前のことばかりを見てしまうケニーの姿は、まるで夢を追い続ける少年のようでもあるのです。そして、夢が叶った瞬間、誰もがケニーのように迷走してしまいがちであることを、この作品は私たちに教えてくれるのです。 
 
 主人公ケニーを演じたのは、オスカー俳優のマシュー・マコノヒー。彼は実在するケニーとそっくりに、禿げ頭と太った体型に改造してしまったのです。『インターステラー』のときと比べると、だいぶウエストも大きくなっていることがはっきりと分かります。

1/2ページ

最終更新:5/30(火) 20:42
MEN’S+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズクラブ

ハースト婦人画報社

2014年12月号
2014年10月24日発売

特別定価:810円

『メンズクラブ』は35歳中心の男性に向け、
リアルに使えて本当に似合う情報を
男性文化の薀蓄をもって提案する
使えるラグジュアリー読本です!

Yahoo!ニュースからのお知らせ