ここから本文です

バルサ、224億円の契約解除金を設定! 契約期間を2022年まで延長した選手とは…

5/30(火) 9:00配信

フットボールチャンネル

 バルセロナが29日、25歳のドイツ代表GKマーク=アンドレ・テア・シュテーゲンとの契約を更新したことを発表した。新しい契約期間は2022年6月までとなっている。

2位には元バルサの天才司令塔 チャンピオンズリーグ歴代出場ランキング 1位は…

 シュテーゲンは2014年にボルシア・メンヒェングラートバッハからバルセロナに移籍。加入してから2シーズンはクラウディオ・ブラーボが絶対的守護神を務めていたため、シュテーゲンは主にカップ戦要員となっていた。しかし、昨年夏にブラーボがマンチェスター・シティに移籍すると、今季はリーグ戦の正守護神に定着。チームに欠かせない存在となっていた。

 そして今回、新契約を締結すると共に契約解除金も1億8000万ユーロ(約224億円)に設定し、他クラブから奪い取られないようにしている。これまでカップ戦のタイトル獲得に貢献しており、チームは同選手の実力を高く評価しているようだ。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)