ここから本文です

王者チェルシーの週給ランキングを英紙が発表。チームNo.1の高給取りは?

5/30(火) 11:20配信

フットボールチャンネル

 チェルシーに所属する全選手の中で、最も多く週給を貰っている選手が判明したと英紙『デイリー・スター』が報じた。それによると、26歳のベルギー代表MFエデン・アザールが一番多くの週給を貰っているようだ。

3位C.ロナ、2位ベイル、1位は…移籍金歴代トップ10

 同紙によると、アザールの週給は20万ポンド(約2860万円)とのこと。2番目に多いのはジエゴ・コスタで週給18万5000ポンド(約2640万円)となっている。セスク・ファブレガスは3番目で週給15万6000ポンド(約2230万円)、4番目はダビド・ルイスとGKティボー・クルトワの2人で週給12万ポンド(約1714万円)、エヌゴロ・カンテは週給11万ポンド(約1571万円)で6番目となった。

 アザールは今季公式戦43試合に出場し17得点7アシストを記録。チェルシーを2年ぶりのプレミアリーグ優勝に導く活躍を見せた。また、カンテはイングランドサッカー記者協会(FWA)選出の年間最優秀選手賞、そしてイングランドサッカー選手協会(PFA)の年間最優秀選手賞にも選出されている。来季の週給は増えることになりそうだ。チェルシーの週給ランキングは以下の通り。

【チェルシーの週給ランキング(ポンド)】

1位 エデン・アザール(20万ポンド)
2位 ジエゴ・コスタ(18万5000ポンド)
3位 セスク・ファブレガス(15万6000ポンド)
4位 ダビド・ルイス(12万ポンド)
4位 ティボー・クルトワ(12万ポンド)
6位 エヌゴロ・カンテ(11万ポンド)
6位 ウィリアン(11万ポンド)
8位 ペドロ・ロドリゲス(10万ポンド)
9位 ネマニャ・マティッチ(9万ポンド)
10位 ガリー・ケーヒル(8万5000ポンド)

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)