ここから本文です

【U20】日本、120分間の激戦の末ベスト16で敗退。強敵ベネズエラの壁破れず

5/30(火) 19:30配信

フットボールチャンネル

【U-20ベネズエラ 1-0 U-20日本 U-20W杯決勝トーナメント1回戦】

 U-20ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦の試合が30日に行われ、U-20日本代表はU-20ベネズエラ代表と対戦した。

何度でも見たくなる!! 久保建英くんのスゴさがわかる動画

 日本はグループステージを1勝1分け1敗の勝ち点4で終え、グループ3位ながらもベスト16に進出。中2日という厳しい日程の中、グループBを首位通過したベネズエラと対戦することになった。

 グループ最終節のイタリア戦からは先発3人が変更され、高木彰人が初先発に起用されたほか、藤谷壮と三好康児も先発に復帰。“スーパーサーブ”久保建英は4試合連続のベンチスタートで出場機会を待つ。

 グループステージを無失点での3戦全勝で勝ち上がってきたベネズエラはこの試合でもクオリティーの高さを見せ、日本を自陣内へ押し込んでゴール前への侵入をうかがう。18分にエリア内へ抜け出したエルナンデスのシュートなどで何度か日本ゴールを脅かした。

 だが日本も徐々に押し返し、決定的なゴールチャンスも生み出した。29分には今大会3得点の堂安律が放った直接FKが惜しくもクロスバーを直撃。39分には杉岡大暉の鋭いクロスに合わせた高木のシュートがわずかにポスト左に外れ、前半は0-0で折り返した。

 イタリア戦では交代枠を使うことなく90分間を終えた内山篤監督だがこの試合は早めに動き、54分に三好康児を下げ遠藤渓太を投入。さらに63分には高木に代えて久保を入れ、勝負を仕掛ける姿勢を見せた。

 だがその後の日本はなかなかリズムを作れず、ベネズエラが優勢に試合を進める。何度かの危ない場面はGK小島亨介の好守や相手のシュートミスでしのぎ、試合はスコアレスのまま延長戦へ突入することになった。

 延長前半には遠藤や堂安などが惜しい形でシュートに持ち込んだ日本だがゴールを奪えず。こう着状態が続いていたが、延長後半の立ち上がりについに試合が動く。CKからのボールにエレーラが高い打点のヘディングで合わせ、ベネズエラが先制ゴールを奪った。

 時間を使おうとするベネズエラに対しなんとか反撃を試みるが、結局最後まで日本にゴールが生まれることはなかった。5大会ぶりの出場を果たしたU-20W杯での戦いは、ベスト16で終えることになった。

【得点者】
108分 1-0 エレーラ(U-20ベネズエラ)

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)