ここから本文です

【U20】内山監督「残念の一言」と悔しさも。選手を称賛「ここまでよく頑張ってくれた」

5/30(火) 20:04配信

フットボールチャンネル

 U-20ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦の試合が30日に行われ、U-20日本代表はU-20ベネズエラ代表と対戦し、延長戦の末に0-1の敗戦を喫した。試合後にU-20日本代表を率いる内山篤監督が取材に答え、試合を振り返っている。

何度でも見たくなる!! 久保建英くんのスゴさがわかる動画

 まず、日本の敗戦を受けて「やはり残念です。死闘のようなゲームになると思ったけど、選手は120分すごい頑張ってくれたと思う。ここまでに至る過程も含めて非常によく頑張ってくれたと思う。残念の一言です」と、ベスト16敗退に終わった悔しさを滲ませた。

 また、ベネズエラ戦のゲームプランに関しては「立ち上がりの失点という所を修正して後半持ち込むという点においては、なんとか良い時間帯も出来たんですけど。とにかく残念です」と答え、ここまで早い時間帯に失点することが多かったという問題点を解消できたことは評価している。

 そして、U-20W杯を戦った中で得た収穫については「ゲームコントロールも含めて世界に来ないとわからないので、選手たちは非常にそういう中で判断も含めてよく戦ったと思います。もう一歩のところと最後の精度、今日疲れた中でもここだっというところ。日本全体の課題なんですけど、数少ないチャンスの精度を上げればゴールに結びつくかなと思います。とにかく選手はよく頑張ってくれたと思います」と語り、シュート精度をあげる必要があるとの見解を示した。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)