ここから本文です

米国のCEO好感度ランキング、トップ10とワースト10

5/30(火) 11:30配信

Forbes JAPAN

CEOの中には、従業員と国民の両方から熱烈な支持を受ける者もいる一方で、会社のイメージを劇的に悪化させたり、国民を激怒させたりしてしまう者もいる。ではCEOの中で、ファンが最も多い、あるいは少ないのは誰なのだろうか?



民間企業の収益などのデータのクラウドソーシングとビジネス関連情報を提供するサイト「アウラー(Owler)」は先日、米国で最も好かれているCEOと嫌われているCEOのランキングを発表した。

アウラーは自社サイトのユーザーに、自分が関心を持つ企業のCEOを「ポジティブ」「どちらでもない」「ネガティブ」のいずれかに評価するよう求め、ポジティブを100%、どちらでもないを50%、ネガティブを0%として、そのCEOの総評点を計算。ランキングの対象は10件以上の評価を得たCEOのみに絞った。

トップ10は以下の通り。

1位 クレイグ・ジェリネク(コストコ/94.9点)
2位 アーニ・ソレンソン(マリオット・インターナショナル/93.9点)
3位 リチャード・フェアバンク(キャピタル・ワン/93.8点)
4位 デニス・ギルモア(ファースト・アメリカン・ファイナンシャル/93.6点)
5位 エド・バスティアン(デルタ航空/92.9点)
6位 ケリー・オートバーグ(ロックウェル・コリンズ/92.9点)
7位 キャスリーン・マザレラ(グレイバー/92.6点)
8位 スタンリー・バーグマン(ヘンリー・シャイン/91.8点)
9位 マーク・ホプラメジアン(ハイアット/91.8点)
10位 ケビン・マンセル(コールズ/90.6点)

第1位のクレイグ・ジェリネクが率いる小売大手コストコは、今月に株価が史上最高値に上昇。昨年の収益は過去最高を記録した。

第2位のアーニ・ソレンソンが率いるマリオットは昨年、競合のスターウッドを買収し、6千以上のホテルと100万室以上の部屋数を所有する世界最大のホテルチェーンとなった。

最も嫌われているCEO10人のリストには航空会社3社のCEOが名を連ねていることから、第5位に入ったデルタ航空のエド・バスティアンは大健闘を果たしたと言える。

1/2ページ

最終更新:5/30(火) 11:30
Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN
2017年9月号

株式会社アトミックスメディア

2017年9月号
7月25日(火)発売

890円(税込)

成功のヒントはフォーブスにあり!
Forbes JAPAN 無料会員に登録すると、すべての記事が読み放題。メルマガ配信、限定のプレゼントやイベントへのご招待も!