ここから本文です

【U-20】日本、再三の決定機を活かせず…延長後半の失点で8強入りを逃がす

5/30(火) 19:30配信

SOCCER DIGEST Web

延長後半にセットプレーから失点。

 韓国で開催されているU-20ワールドカップは5月30日、決勝トーナメントの1回戦を各地で開催。U-20日本代表は、大田ワールドカップ競技場でU-20ベネズエラ代表と対戦し、0-1で敗れ8強入りを逃した。

【PHOTO】日本サッカーを彩る美女サポーターたち



 日本は、前戦のイタリア戦から先発3人を入れ替えて臨んだ。2トップは岩崎悠人、高木彰人のコンビを起用。中盤は2列目の左に三好康児、右に堂安律。ボランチは原輝綺、市丸瑞希のふたり。ディフェンスラインは左から杉岡大暉、中山雄太、冨安健洋、藤谷壮という顔ぶれ。GKは4試合連続で小島亨介が起用された。

 試合は立ち上がりからベネズエラが日本を押し込み、5分にはペニャランダが強烈なシュートを放ったが、これは枠を外れ事なきを得た。

 一方日本は11分に杉岡のクロスに三好が左足ボレーで合わせるが、枠を外れた。日本も徐々にベネズエラ陣内に押し込み始める。

 18分、右サイドバックのロナルド・エルナンデスにペナルティエリア内への侵入を許し、シュートを放たれるが枠を外れた。

 26分、日本は相手CKの流れからカウンターを発動。岩崎がディフェンスラインの背後に抜け出そうとするが、相手GKのクリアに遭ってしまう。
 しかし日本は直後、堂安が倒されFKを獲得。キッカー堂安のシュートは、クロスバーを直撃。リバウンドに反応した岩崎のシュートも惜しくもゴール右に外れた。日本は惜しいチャンスを逃した。

 さらに日本のチャンスは続く。33分、日本は中盤のコンビネーションからボランチの市丸が前線で相手マークを外した岩崎へ浮き球のラストパスを送る。これを岩崎がヘッドで狙うが、叩き切れずクロスバーを越えてしまった。

 39分、日本は左サイドでの素早いパス交換から杉岡がグラウンダーのクロスを入れると、高木が左足のシュート。だがこれも惜しくもゴール右に外れた。日本の攻勢が続く。

  終盤、日本はベネズエラに押し込まれ波状攻撃を受ける場面も。しかし、DF陣がゴール前でしっかりと身体を張った守備を見せ、ゴールは許さない。今大会10得点を挙げるベネズエラの攻撃陣を無得点に封じ、前半を終了した。

 日本はメンバー交代なく後半をスタート。前半立ち上がり同様にベネズエラが日本の背後を積極的に狙い押し込もうとするが、日本も冷静な対応を見せる。

 53分、日本は岩崎が鮮やかなターンでDFひとりをかわし、ドリブルで中央突破。ペナルティエリア付近まで切れ込むが、シュートは打ち切れない。54分、日本は三好に代えて遠藤渓太を投入する。

 57分、日本は市丸のくさびのパスが堂安に入ると、高木がタイミング良くディフェンスラインの背後に抜け出す。堂安からのパスを受けた高木が決定的なシュートを放つが、相手GKの好守に阻まれてしまう。日本はG大阪勢の連係で決定を作ったが、またもビッグチャンスを逃してしまった。

 直後の59分、日本はカウンターを許すが、CBの冨安が冷静なカバーリングで対応。ベネズエラに付け入る隙を与えない。
 日本は63分、高木に代えて久保建英を投入した。

 65分以降、ベネズエラはミドルシュートで日本ゴールを脅かす。一方の日本は久保のボールキープを起点にチャンスを作り出す。70分には久保のラストパスに反応した遠藤が左足で狙うが、ゴール右に外れた。

 日本は76分、市丸に代えて板倉滉を投入。日本はこれで3枚の交代枠を使い切った。

 終盤に入り、試合は膠着。ともにゴール前での精度を欠き、決定機には至らない。

 日本は後半アディショナルタイムにCKを獲得。このラストチャンスに中山がヘディングシュートを狙っていったが枠をとらえ切れず。結局90分を0-0で終え、試合は延長戦に持ち込まれた。 

 日本は延長前半をメンバー交代なくスタート(※延長戦突入後は4人目の交代が可能)。延長前半5分、日本は久保のスルーパスに反応した遠藤が左サイドを抜け出すと、中央へクロスを入れる。しかし、これは岩崎に合わず、こぼれ球に反応した遠藤のシュートも枠をとらえ切れなかった。

 同12分、日本は中盤でのボール奪取から久保、堂安とつなぎシュートへ持ち込むが、堂安のシュートはクロスバーを越えてしまう。
 延長前半は無得点で終了した。

 延長後半もメンバー交代なくキックオフ。日本は立ち上がりFKを与えるが、板倉がヘッドでクリアし、ピンチを凌ぐ。しかし、直後のCKでエレーラにヘディングシュートでゴールネットを揺らされる。ベネズエラに1点を先行される。

 日本は延長後半7分に岩崎に代えて田川亨介を投入する。最後の交代カードを切って同点を狙う。

 終盤、ベネズエラは時間稼ぎのプレーに終始するが、日本は打開の糸口を見いだせない。アディショナルタイムは3分と表示される。

 結局、日本は1点が遠く0-1のスコアのままタイムアップ。日本はベネズエラに敗れてベスト8入りを逃し、今大会から姿を消した。

最終更新:5/30(火) 21:45
SOCCER DIGEST Web