ここから本文です

SKE48須田亜香里が“劣等生”から「神7」になるまで。コンプレックスを力に変える思考法

5/30(火) 17:30配信

ダ・ヴィンチニュース

 2014年、AKB48シングル選抜総選挙の結果発表でそれは起こった。10位に選ばれたSKE48メンバー、須田亜香里はスピーチで明らかに頭が真っ白になっていた。落ち着きなくステージ上を動き回り、話の内容は支離滅裂、挙句にテレビの生中継が入っているにもかかわらず長々と話し続けてしまう。彼女の行動は「最悪のスピーチ」と語り継がれ、翌年の大幅なランクダウンに影響したとする意見も多い。

 それでも2016年、須田は晴れて「神7」入りを果たし汚名を返上する。いかにして彼女は苦難を力に変えたのか? 彼女の著作『コンプレックス力 ~なぜ、逆境から這い上がれたのか?~』(産経新聞出版)で語られる思考法は、努力が結果に結びつかないで悩んでいる全ての人におすすめしたい内容だ。

 本書は須田の生い立ちから幕を開ける。バレリーナを目指すも情熱を失いつつあった彼女の転機は高校三年生の夏。SKE48の三期生オーディション開催を知った須田は、ステージで踊るアイドルの姿とバレエに明け暮れていたかつての自分を重ね合わせる。応募して挑んだ審査結果は見事合格、彼女のアイドル人生が始まった。

 しかし、道のりは決して平坦ではなかった。「自分が一番かわいい」という自信を奪われ、肝心のダンスも上手く踊ることができない。バレエの動きがしみついた須田はアイドルダンスになかなか対応できなかったのだ。家庭でもクラスでも「女王様」気分だった須田の伸びきった鼻はあっという間にへし折られてしまう。

 それでも須田が埋もれてしまわなかったのは、がむしゃらに努力するだけではなく、そこに思考が伴っていたからだろう。たとえば、握手会では人気のある先輩の対応をネットで調べ、自分に取り入れる。結果、「握手会の女王」と呼ばれるほどにファンから評価されるようになった。ダンスの居残り練習にしても、あえて関係者の目に留まるように意識する。こうした須田の行動を「あざとい」と思う人もいるだろう。しかし、須田は語る。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【表紙】乃木坂46
特集1:乃木坂46 結成7年、その言葉は誰のものか?
特集2:フツーになんて生きられない。大人のための恋愛マンガ 恋する私たちはちょっとおかしい