ここから本文です

モー娘。牧野真莉愛ノーバンで美脚チラリ!「100億点です」

5/31(水) 8:00配信

ザテレビジョン

プロ野球の「日本生命セ・パ交流戦」が、5月30日からスタート。その開幕戦となる千葉ロッテマリーンズと阪神タイガースの試合において、“セカパカ PLAY DREAM DAMPAIGN”の応援大使に任命したモーニング娘。’17が登場。 モー娘。メンバー全員によるプレゼン大会で選ばれた10期メンバーの牧野真莉愛が、自身2度目となる始球式(前回はファーストピッチ)の大役に挑戦した。

【写真を見る】牧野は緊張からか、マウンド上で何度もジャンプ! 美脚もチラリ!

前回(2015年)は、大暴投でマウンド上に崩れ落ち「マイナス100点です」と悔しい結果となった牧野は、2年ぶりにマウンドに上がり再チャレンジ。マウンド上で何度かジャンプするなど緊張する表情を見せるも、きれいなピッチングフォームから投げられたストレートは、キャッチャー役の鈴木大地選手のミットへストライク投球。見事にリベンジを果たした。

前回の失敗から2度目の大役を目指して“肩を温めていた”という牧野は、

始球式後に記者陣の質問に応え「メンバーがずっとキャッチャーの後ろに立っていてくれて、すごくうれしくて力になりました! きょうのピッチングは100億点です」と、前回の投球より100億100点もアップしたこともあり満面の笑み。しかし頭の中は真っ白で何にも考えられず、ZOZOマリンスタジアムの売店で販売されている好物の“モツ煮込み”が食べられることを考えていたというエピソードを披露してくれた。

今後の目標を聞かれると、「(始球式の練習をしていて)キャッチボールのできる公園が少なかったので、公園を増やせるように頑張りたいです!」と珍回答。北海道日本ハムファイターズ担当である牧野は続けて、北海道日本ハムファイターを好きになったきっかけを与えてくれた「新庄(剛志)選手に会いたいです!」とアピール。さらには「ダルビッシュ選手にも会いたい」と発言すると、記者から「大谷選手は?」と逆質問。牧野は「大谷選手は一度会ったことがあるので、大丈夫です」と衝撃発言が飛び出すが、大の日本ハムファイターズファンである彼女は慌てて「いつも試合で応援しているので」と訂正していた。

リーダーの譜久村聖は「初めて球場に立ち、緊張してしまって言葉も片言で笑顔も引きつってしまいました」と反省するも、今後はスタジアムでコンサートがしてみたいなって思いました!」と新たな目標を掲げていた。

またホームチームの千葉ロッテマリーンズのマスコットである「マーくん」は大のモーニング娘。ファンということでも知られ、試合会場となったZOZOマリンスタジアムには、多くのモーニング娘。’17のファンも来場。両チーム以上にアツい声援が送られていた。

最終更新:5/31(水) 8:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)