ここから本文です

少し奇妙でアーティスティック!異国情緒漂う東京レストラン

5/31(水) 9:30配信

東京ウォーカー

今回は、横尾忠則の世界観と異国情緒がミックスしたユニークなレストランをご紹介!

■ 「中級ユーラシア料理店 元祖 日の丸軒」

【写真を見る】名物料理ターメイ ヤ(写真左)

美術家・横尾忠則のポップアートや世界の骨董品などを飾る店内はエキゾチック。

同店では、アジア、アフリカ、欧州各地の料理を提供し、ニラと空豆を素揚げしたエジプト料理のターメイヤ(1個300円)や、ラムシシカバブ(1串1100円)などが好評だ。

潜水艦で使われるような丸い窓も、アンダーグラウンドな空間を演出。世界の国旗や布、民族衣装なども展示されており、店内を巡るだけでワクワク感を覚える。

芸術家肌の印象を受ける店主のペペさん(日本人)に聞けば、アンティーク品などの詳細を教えてくれるので、会話も楽しんでみては?【ウォーカープラス編集部】

最終更新:5/31(水) 9:30
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

今日のカレーなんにする?
夏、カレー!この一冊で全網羅
イベント&スポット総数60軒
この夏、絶対したいこと。