ここから本文です

『モダン・ファミリー』の女優が病気で痩せたことを告白

5/31(水) 7:05配信

コスモポリタン

ドラマ『モダン・ファミリー』でちょっとおバカなお姉ちゃんヘイリーを演じるサラ・ハイランド。現在26歳の彼女は9歳の時に腎臓の形成異常という病気の診断を受けている。 当時、医師に普通の人生は送れないと聞かされたサラの母が、 「普通の人生を送れないとしたら、理由は健康の問題ではないわ」と答えたという感動的な逸話も現地では有名。サラはその言葉を信じ「普通の人生が送れないならものすごく特別な人生を生きよう」と決心し、子役からずっと女優の仕事を続けてきたのだそう。

【原文】TwitterやInstagramのストーリーに公開した文章

しかし、 病状は悪化し2012年に父親の腎臓を移植していたことを後に告白。最近は健康状態も落ち着いて、恋人であるドミニク・シャーウッドとラブラブな日々を送り、幸せな人生を送っていたと思われていたサラだったけど、SNSで体調不良と拒食症を助長していると言われることについて語ったことで話題を呼んでいる。

TwitterやInstagramのストーリーに公開した文章がこちら。

「Instagramでは私の体重について多くのコメントが寄せられます。いつもならネガティブなコメントが注目を浴びないように無視していますが、今日はいくつかみなさんに説明したいことがあります」

「今年は私にとってあまり良い年ではありません。今は詳しく話しませんが、ただ言えることは、今年は色々なことが大きく変化したということ。カラダにも変化があり、現在は運動を禁止されています。私は運動するのが大好きだから残念だわ。アウトドアが大好きで、“強くいること“が好き。なぜなら精神とカラダの強さですべてを成し遂げてきたから」

また、世の女性たちに“細いこと“が必ずしもいいことだと思わないよう、メッセージを送った。

「私は細さに魅力を感じません。ある投稿で『細すぎるからハンバーガーを食べて。カラダよりも頭の方が大きくて気持ち悪い』などと言われました。だけど、もう何ヶ月もベッドで療養しているため、筋肉が落ちてしまったのです。今は外見のコントロールができません」

「投稿している写真はフォトショップではありません。私の脚や腕は加工されていません。わざわざこのように話すワケは、私が拒食症を推進していると言われているから。最初は笑って済ましていましたが、ある時、そのようなコメントが若い女性に悪影響を与えている可能性に気づきました。ですから、はっきりと言います。絶対に私の体重を目標にすべきではありません。今は体重を維持するため、できるだけ多くのプロテインを摂取しています」

1/2ページ

最終更新:5/31(水) 7:05
コスモポリタン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。

Yahoo!ニュースからのお知らせ