ここから本文です

彫刻作品のようなコンクリート製スピーカー

5/31(水) 12:20配信

WIRED.jp

高級オーディオメーカーMaster & Dynamic(M&D)が2年をかけて開発したスピーカー「MA770 Wireless Speaker」。開発者たちは建築家デイヴィッド・アジャイの力を借りながら、あえてスピーカー向きの素材ではないコンクリートをつかい、高音質かつ美しいスピーカーをつくりあげた。

【写真でみる】美しいコンクリート製スピーカー

コンクリートは、スピーカーづくりに最適な材料とは言えない。「コンクリート製の大きな部屋に入ると、音が大きく反響しますよね。スピーカー内部で反響が起こるのはよくありません」と、ドリュー・ストーン・ブリッグズは言う。

高級オーディオメーカーMaster & Dynamic(M&D)の最高製品責任者であるブリッグズは、2年かけてコンクリート製のスピーカー「MA770 Wireless Speaker」を開発した。しかも、このスピーカーの音は素晴らしい。そして、コンクリートに音を邪魔させるのではなく増強させるために、ブリッグズのチームはスピーカーの形と素材両方について再考する必要があった。

あえてコンクリートを使う理由

どんなスピーカーも目的は同じだ。可能な限り力強い音を出しながらも、雑音は最小限に抑える。そのためには、スピーカードライヴァーと筐体の間を伝わるエネルギーを最小限に抑えることが重要だ。「すべてのエネルギーを音として押し出せればよいのです」とブリッグズは言う。

最高級スピーカーのキャビネット(外箱)によく使われる木やプラスティックといった軽量素材は、振動の影響を受けやすい。そこで、キャビネットの壁を厚くし、内側にブレース(支え)を追加することにより筐体の見た目と強度を維持しているのだ。これとは対照的に、コンクリートはそもそも硬い。つまりM&Dは、従来のスピーカーにある内側のブレースを、柔らかい防音材に変えられるということだ。

「筐体が音に与えるものは何もないので、ひずみが非常に少なくなります」と、M&Dの戦略責任者であるブライアン・ビゴットは述べる。スピーカーコーンと電子機器を実質的に空っぽの空洞に浮かせることで、音のリアルさと音質が向上する。

建築家デイヴィッド・アジャイによる一捻り

コンクリートの硬さは振動を抑えるのには適しているものの、反響を制御するには不向きだ。そのためM&Dには、硬さを保持しながらも反響を最小限に抑えるコンクリートが必要だった。そこで彼らはコンクリートの原材料に少量のポリマーを混ぜ込み、「岩の硬さをもつ枕」のように反響を吸収する材料をつくり上げた。

材料を手に入れたM&Dは、スピーカーのデザイナーに建築家のデイヴィッド・アジャイを指名した。新しく建設された国立アフリカン・アメリカン歴史文化博物館のデザインで高く評価されているアジャイは、コンクリート片を中に詰めて振動を軽減させた木製のスピーカーをつくった経験がある。

側面から見たキャビネットの形状は、スピーカーから聞こえる音を模している。先端が細くなっている背面は滑らかな曲線を描き、前面は広く平坦になっている。この形状は美しくデザイン性に富んでいるだけでなく、素晴らしい音も生み出すことができる。スピーカーキャビネットの背面領域を最小限にすることで、押し出される音が最大になるのだ。「後ろに向かうものはすべて反響を生みます。それを可能な限り弱めること。これこそ真の意味でのデザインの力なのです」とアジャイは述べる。

彫刻作品のようなスピーカー

音響についてはひとまず置いておくとして、率直に言ってMA770はデザイン性が高い製品だ。スピーカーはエッチングされた金属の飾りで覆われ、ボタンは下部に配置された小さなコントロールパネルに収まっている。重量は約18kgだ。

M&Dは同社初の自社製スピーカーを、思いのこもった一品にしたいと考えた。「小さくて持ち運びしやすいものはつくりたくありませんでした」とM&DのCEO、ジョナサン・リヴァインは語る。製品は、見た目も音も、そして感触でさえも高級でなければならない。そんな考えが複雑な製造工程につながった。

スピーカーの筐体はコンクリートを型に流し込んで硬化させ、型をふたつに割って取り出すことで継ぎ目のないデザインになる。その後、このコンクリートの塊を職人が回転具を使用して形を整え、手で研磨する。こうして、わずかにザラザラした質感に仕上げている。

簡単なプロセスではないが、新しいものをつくるには複雑さはつきものだとリヴァインは述べる。「企業として、まずはデザインしてみるのです。それを実現すべく頭を悩ませるのは、そのあとの話です」。話だけ聞いていると、M&Dは彫刻作品にスピーカーを取り付けたようにも思えてくる。

LIZ STINSON

最終更新:5/31(水) 12:20
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.28』

コンデナスト・ジャパン

2017年6月8日発売

630円(税込み)

特集「Making Things ものづくりの未来」。大量生産、大量消費の時代が終わりを迎えるなか、ヒトはいかにものと向き合い、それをつくり、使っていくのか。