ここから本文です

トランプ大統領がスマホを機種変更:入れたアプリは「Twitter」だけ

5/31(水) 17:30配信

WIRED.jp

トランプ米大統領は、セキュアではないと批判されていた私物のAndroidスマートフォンを手放し、新たに手にいれたiPhoneからTwitterへの投稿を始めた。スタッフは大統領のiPhone使用時間を制限しようと努力しているようだ。

トランプ氏の人工知能bot、ツイッターで「活躍」

2017年3月初め、ドナルド・トランプ米大統領は私物のAndroidスマートフォンを手放した。

物議を醸す多数のTwitterでの投稿の発信源になっていた古いAndroidスマホは、大統領就任以後も利用されていたが、セキュアでないとして批判されていた。

Twitter上のデータによると、トランプ大統領は3月5日(米国時間)、米連邦捜査局(FBI)にサーバーの捜索を認めなかった米民主党全国委員会(DNC)への怒りを顕わにし、アーノルド・シュワルツェネッガーを嘲笑した後で、このスマートフォンの使用をやめた。そしてその翌日、iPhoneに交換した模様だ。

「AXIOS」に掲載されたマイク・アレンの記事によると、トランプ大統領の新しいiPhoneで使われているのはTwitterアプリだけだという。

トランプ大統領が以前使っていたAndroid端末(どこでつくられたものかは不明だが、サムスンの「Galaxy」だった)と比べれば、iPhoneのほうがデフォルト設定でも、より安全性が高い。

トランプ大統領は就任直後、シークレットサーヴィスとホワイトハウス通信局から、音声通話用としてセキュアな携帯端末を受け取ったと報じられている。だがこの端末は、バラク・オバマ前大統領が2016年に受け取ったもの[日本語版記事]と同様にロックされており、大統領が自分でアプリをインストールすることもできなければ、電話を直接かけることさえできない。ツイートするためにトランプ大統領は、個人としてスマートフォンを所有する必要があった(トランプ大統領はパソコンを使わないことで知られている)。

AXIOSのアレンによると、トランプ大統領がiPhoneをもつようになったことで、Twitterへの投稿を実際には誰が書いたのかを見分けるのがが難しくなったようだ。下記に引用しよう。

----
トランプ大統領のふたつのアカウントから発せられるTwitter投稿の多くは、ホワイトハウスのソーシャルメディア責任者でトランプ大統領の個人秘書を務めるダン・スカヴィーノが投稿してきた。スカヴィーノはiPhoneを使っており、そのおかげでスカヴィーノのツイートとトランプ大統領自身が書いたツイートとを区別することができた。だが今後は、ふたりのうちのどちらがつぶやいたかを見分ける手がかりは、投稿内容だけということになりそうだ。
----

なお、先日の外遊の際には、スタッフが大統領のiPhone使用時間を制限して、140文字からなる短い手紙の量を減らそうとした、とアレンは書いている。

----
トランプ大統領は、もっと自由時間をくれと要求した。だが、スタッフはスケジュールを詰め込んで、大統領がケーブルテレビのニュースを見る時間をなくすように努めた。大統領はニュースを見た後に突然ツイートし始めることが多いからだ。この作戦はいまのところ、海外ではうまくいっているようだ。
----

最終更新:5/31(水) 17:30
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.28』

コンデナスト・ジャパン

2017年6月8日発売

630円(税込み)

特集「Making Things ものづくりの未来」。大量生産、大量消費の時代が終わりを迎えるなか、ヒトはいかにものと向き合い、それをつくり、使っていくのか。