ここから本文です

史上初のCL連覇&二冠へ、C・ロナウドが強気貫く 「謙虚になりすぎるのは良くない」

5/31(水) 12:52配信

Football ZONE web

レアル公式TVで語る 「唯一無二のチャンスが来ている」

 2016-17シーズンの欧州サッカーのクライマックスとなるUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝は現地時間6月3日にウェールズの首都カーディフで開催される。史上初の同大会連覇を狙うレアル・マドリードのエースFWクリスティアーノ・ロナウドは、クラブの公式TVで「あまりに謙虚になりすぎるのは良くない」との持論を展開した。

【動画】受け継がれる天才のDNA…ロナウド愛息が父親さながらの鮮烈FK!

 5年ぶりのリーガ・エスパニョーラ王者に輝いたレアルを待ち受ける相手は、セリエA6連覇の偉業を果たしたユベントス。スペインとイタリアの横綱同士の激突となる。ロナウドは「僕らはリーグ優勝をして、とても安堵した。そして今は唯一無二のチャンスが来ている」とCL連覇について持ち出したが、「試合当日にはとてもナーバスな気分になるから、今はまだファイナルについてはあまり考えたくない」とも話す。そしてこう続けている。

「あまりにも謙虚になりすぎるのは良くないね。僕らは自分たちの個性、そして自分たちがベストだということを証明しなければならない。彼ら(ユベントス)は素晴らしいチームだけど、僕らだってそうだ。偉大な試合をして、我々が勝利すると感じている」

今季CLで10得点、1位はメッシの11ゴール

 ロナウドらしく、CL決勝の大舞台に向けて強気の姿勢を崩さなかった。さらに「決勝はゴールを決めて勝利するよ。僕はここ数年で一番良い気分のなかで戦っているし、土曜日にはチームがサポートを受けられることを願っているよ」とも話している。

 ロナウドは今季CLでバルセロナFWリオネル・メッシの11得点に次ぐ10得点を挙げており、複数得点を挙げれば単独得点王に輝く。GKジャンルイジ・ブッフォンら円熟の守備陣が並ぶユーベに対して、稀代のゴールマシンは自信満々にスコアをマークすることができるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/31(水) 12:52
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新