ここから本文です

17歳平野美宇、「24歳差対決」制して好発進 五輪出場6度のナイジェリア41歳を圧倒

5/31(水) 19:42配信

THE ANSWER

世界選手権1回戦、予選Rで話題の大ベテランに4-0勝ち…48年ぶり世界女王へ初戦突破

 卓球の世界選手権(デュッセルドルフ)は31日、女子シングルス1回戦で世界ランキング8位・平野美宇(エリートアカデミー)が41歳の大ベテラン、オルフンケ・オショナイケ(ナイジェリア)に4-0のストレート勝ち。史上最年少のアジア女王に輝いた17歳が日本勢48年ぶりの世界女王へ、初戦突破を決めた。

【動画】「誰もこれは返せない」!?…今大会で国際卓球連盟が紹介した男子選手の“笑撃”ずっこけショット

 平野が24歳の「年の差対決」を制し、2回戦に駒を進めた。第1セットを11-8で奪うと、第2セットは11-2と大差で奪取。第3セットは11-4、最終セットも11-1と圧倒した。

 相手のオルフンケは予選ラウンドで埼玉在住で日本国籍を持つ12歳、小野立夢(フィリピン)と対戦。五輪に6度出場した大ベテランは自身の息子より2歳若い少女を破った。12歳VS41歳という「29歳差対決」が国際卓球連盟(ITTF)の公式サイトで紹介されるなど、大きな話題を呼んでいた。

 その小野が「同じ足跡を辿りたい」と憧れていた平野は、経験豊富な大ベテランを圧倒。前日に石川佳純(全農)とのペアで出場した女子ダブルスに続き、2回戦進出を果たした。

 平野は4月のアジア選手権で地元・中国の世界1、2、5位の強敵を破り、史上最年少のアジア女王に君臨。ITTFが「ハリケーン・ヒラノ」と称賛し、一躍、世界の注目の的となっていた。

 世界選手権に勝てば、日本女子では実に48年ぶりの快挙。海外メディアからも優勝候補の一角に挙げられる17歳が順調に滑り出した。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:5/31(水) 21:32
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

Yahoo!ニュースからのお知らせ