ここから本文です

監督交代でドルトムントの主力流出は最小限? “トゥヘル派”のエース移籍は不可避か

5/31(水) 13:40配信

Football ZONE web

米メディアがトゥヘル解任を受けて、今夏移籍市場での動向を予想

 日本代表MF香川真司の所属するドルトムントは、DFBポカール優勝を果たしたトーマス・トゥヘル監督の解任を発表した。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」では、政権交代に端を発する選手の大量流出は最小限に止まるとする一方で、今季のリーグ得点王FWピエール=エメリク・オーバメヤンが移籍する可能性は高いと予想している。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 トゥヘル監督は在任2年間のうち、1年目はリーグ2位、ポカール準優勝といずれもバイエルン・ミュンヘンの後塵を拝して無冠。2年目の今季はリーグ3位、UEFAチャンピオンズリーグは8強止まりの一方、ポカールを制してクラブにとっては二冠を獲得した2011-12シーズン以来5年ぶり、指揮官にとっては指導者キャリア初となるメジャータイトルを獲得した。

 リーグ5連覇のバイエルンが絶対王者に君臨するなかで、その対抗馬として実績を残したトゥヘル監督だが、ハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOとの対立が明らかとなり、試合ごとに変わる戦術に選手が不満を漏らしていたなど、ネガティブな話題も多かった。

 同局では「トーマス・トゥヘルが去り、ドルトムントには次に何が起こる?」と特集している。すでに合意報道も出ているニースのルシアン・ファブレ監督が後任の最有力候補と指摘するなど、来季に向けた動きを予想するなかで、移籍の噂が上がる選手の去就についても分析されている。

オーバメヤンは今夏流出が濃厚と予想

 主将のDFマルセル・シュメルツァーは、ポカール決勝で負傷中のMFユリアン・ヴァイグルの代役に実績十分のMFヌリ・シャヒンを起用しなかった指揮官の采配を批判。さらにそのシャヒンやMFマルコ・ロイスといったチームのリーダー格の選手は、トゥヘル監督の残留を望んでいなかったとチーム内の不協和音について言及されている。こうした背景もあって、監督交代によってチームを離れる選手は少ないと見られている。

 しかし、トゥヘル支持派の一人とされるエースのオーバメヤンは今夏の移籍が有力と予想された。チーム最大の得点源流出は避けられない情勢となりそうだ。さらに、ドイツ代表DFマティアス・ギンターも退団候補と見られている。2018年で満了となる契約延長交渉が、いまだ進展しない香川の名前は挙がっていない。

 昨夏にはDFマッツ・フンメルス(バイエルン)、MFイルカイ・ギュンドアン(マンチェスター・シティ)、MFヘンリク・ムヒタリアン(マンチェスター・ユナイテッド)という中軸がこぞって引き抜かれた。その穴を埋めるべく大型補強を進め、戦力の大刷新を図ったドルトムント。トゥヘル監督は若手を積極起用してチームを生まれ変わらせたが、新監督の下ではどのような変化が訪れるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/31(水) 13:40
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

Yahoo!ニュースからのお知らせ