ここから本文です

インテルがハメス争奪戦に参戦も… 52億円の“安値”オファーでレアルが一蹴

5/31(水) 17:58配信

Football ZONE web

87~100億円が相場と言われるなかで想定外の金額を提示と、スペイン紙が報道

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルは、来季のエース格としてレアル・マドリードのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスに獲得オファーを送ったものの、相場をはるかに下回る金額にあっさりと断られた模様だ。スペイン紙「AS」が報じている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 ハメスはレアルを退団する可能性が今季に入って以来指摘され、冬の移籍市場でも放出の可能性があったとされた。来季に向けては多くのビッグクラブが獲得に興味を示し、大争奪戦が展開されると予想されている。

 そうしたなかで、インテルはいち早く正式にレアルに対してクラブ間交渉のオファーを出した模様だ。しかし、その金額は4200万ユーロ(約52億円)という意外な安値だったという。ハメス争奪戦は7000万ユーロ(約87億円)から8000万ユーロ(約100億円)での決着が欧州メディアでは予想されているなか、約半額のバーゲンセールを求めるオファーを提示。レアルはあっさりと断っているという。

 インテルは今季開幕前に中国資本に株式を売却し、“チャイナ・インテル”として再スタートを切っている。そのチャイナマネーを背景にした強気な交渉に打って出るのかと予想された反面、最初のオファーは拍子抜けする金額だった模様だ。

 マンチェスター・ユナイテッドなどとの争奪戦を制するために、インテルは2度目以降のオファーで“本気”を出すのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/31(水) 17:58
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新