ここから本文です

ACL逆転8強へ、浦和が済州と“日韓対決” 興梠や李を軸に攻撃的布陣で圧倒できるか

5/31(水) 18:27配信

Football ZONE web

第1戦で0-2完敗 アウェーゴールを奪われた瞬間に3点差以上の勝利が必要に…

 逆転での8強進出に向け、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦、済州ユナイテッド(韓国)とのホーム第2戦に挑む浦和レッズのスターティングメンバーが発表された。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 浦和は24日に敵地で行われた第1戦で、0-2と完敗を喫した。そのため、このゲームでは引き分け以下はもちろん、1点差の勝利でも敗退となる。2-0の勝利であれば延長戦、1失点以上した場合は3点差での勝利が必要な苦しい状況で迎えるゲームとなる。

 浦和はこのACLで5試合出場5得点のFWラファエル・シルバが負傷欠場。前線はACL日本人最多ゴール記録を更新中のFW興梠慎三をトップに、FW李忠成、FW武藤雄樹が2シャドーを組む。両ワイドも右にMF駒井善成、左にMF関根貴大の両アタッカーを配置しており、攻撃的なメンバー構成で勝負の一戦に臨むことになった。

 アウェーゴールを奪われれば一気に苦境に陥る状況だが、3バックの中央に入るDF遠藤航は「良い対応をできるイメージがあるし、他の選手と連携しながら(相手の)カウンターを守るというのが大事になる」と話し、DF森脇良太とDF槙野智章との連携も重視すると話していた。

 浦和にとっては、昨季にFCソウル(韓国)に敗れたのと同じ16強で訪れた試練になる。ここを突破し、2007年大会以来となるアジア制覇へ、可能性をつなぐことができるだろうか。

 浦和のスタメンは以下の通り。

GK
西川周作
DF
森脇良太
遠藤 航
槙野智章
MF
駒井善成
柏木陽介
阿部勇樹
関根貴大
FW
武藤雄樹
李 忠成
興梠慎三

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/31(水) 18:35
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新