ここから本文です

ACL逆転8強へ浦和が先制! 興梠の日本人最多17点目で済州ゴールを打ち破る

5/31(水) 19:58配信

Football ZONE web

柏木のFKから興梠がヘディングで合わせる

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦、第2戦の済州ユナイテッド(韓国)戦で、浦和レッズの“ACL日本人最多ゴール男”FW興梠慎三が先制ゴールを挙げた。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 序盤から攻勢を仕掛けた浦和は前半18分、左サイドでFW武藤雄樹がファウルを受けてFKのチャンスを得ると、キッカーはMF柏木陽介。中央に入れたボールを興梠が打点の高いヘディングで合わせると、ボールはファーサイドのゴールポストに当たってネットを揺らした。興梠はこれがACL通算17ゴール目で、日本人最多記録をさらに更新した。

 24日に敵地で0-2の敗戦を喫した浦和は、このゲームで少なくとも2-0の勝利が必要になる。エースの一撃は、浦和の逆転突破へ大きな足掛かりになった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/31(水) 19:58
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新