ここから本文です

今夏移籍市場で注目のモナコ18歳FWが去就に言及 「僕は去ることを恐れていない」

5/31(水) 22:40配信

Football ZONE web

レアル移籍も噂されるムバッペが自身の未来について語る

 今シーズンの欧州サッカーシーンで一躍知名度を上げたのは、モナコ所属のフランス代表FWキリアン・ムバッペだ。18歳にしてリーグ・アン制覇、そしてUEFAチャンピオンズリーグ(CL)4強進出の立役者になるなど急成長を遂げたこともあり、メガクラブから注目される存在となった。そのなかの一つであるレアル・マドリードは、ムバッペがアイドルと語るジネディーヌ・ジダン監督が指揮を執っているが、スペイン紙「マルカ」はムバッペのコメントを紹介している。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 現在、韓国で行われているU-20ワールドカップ(W杯)の世代にあたる1998年生まれのムバッペだが、その突き抜けた実力はA代表を率いるディディエ・デシャン監督に評価され、6月に行われる親善試合パラグアイ戦とイングランド戦、ロシアW杯欧州予選スウェーデン戦のメンバーに選出されている。

「僕はまず、代表チームでの試合に集中している。全てのことを考えるために、多くの時間があるからね。今は3つの重要な試合があって、そこに向けて分析していくだけだ」と、今はフランス代表の一員であることを強調した。また剛腕フロレンティーノ・ペレス会長率いるレアルがムバッペに関心を寄せており、その指揮官が憧れの存在であるジダン監督であることについて問われても、こう返している。

「なんであまりプレーできなくなるの?」

「プレーヤーとしてのジダンは僕に夢を見せてくれて、彼のプレーを映像で見ると、いまだに夢を見ているようだ。ただし、監督としてではないよ。とはいえ、監督としては全く違う印象で、彼は素晴らしい監督で、すぐに結果を出してチームを高め続けているからね」

 もしムバッペが今夏の移籍市場でビッグクラブに移るとなれば、ロシアW杯まで残り1年のタイミングということもあり、出場時間の確保という面でリスクが生じることが想定されるが、「なんであまりプレーできなくなるの? 僕はそれに対応する時間があると思うし、去ることを恐れていないよ」とも話している。

 モナコ残留でも、ビッグクラブ移籍でも活躍できる自信がある――。怪物FWは18歳ながら、すでに精神的な強さも身につけているようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/31(水) 22:40
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

Yahoo!ニュースからのお知らせ