ここから本文です

【J1ベストイレブン】3人の助っ人FWが出色の出来。ポルトガル産ストライカーをMVPに|13節・暫定版

5/31(水) 7:00配信

SOCCER DIGEST Web

J1・550試合出場の中澤もセレクト。

 J1リーグは5月27日と同28日に13節の7試合を行なった。今節はアジア・チャンピオンズリーグに参戦の影響で「川崎×浦和」、「G大阪×鹿島」の2試合が7月5日に開催される。そのため今節は、開催された7試合からサッカーダイジェストWeb編集部がセレクトしたベストイレブンを紹介する。
 
【選出理由】
 今節、眩い輝きを放ったのが3人の助っ人ストライカーだ。
 
 仙台のクリスランは1点ビハインドで迎えた66分に投入されると、2ゴールを奪って短い時間ながらも、勝利の立役者に。
 
 柏のクリスティアーノは全得点に絡むハイパフォーマンスを披露。ドリブル、パス、シュート、あらゆる局面でポテンシャルの高さを示し、相手を凌駕した。
 
 横浜のH・ヴィエイラは得点力の高さが光った。52分、巧みな動き出しで相手DFのマークを外し、クロスに合わせて勝ち越し弾をゲット。アディショナルタイムにはドリブルから相手DFの股を抜くシュートを沈めた。異なる形から得点できる多彩さは特筆に値。このポルトガル産ストライカーを採点『7』で今節のMVPに選んだ。
 
 また、味方を活かし、自分も生かされながら、ゴールとアシストを記録した柏の武富とC大阪の山村の活躍は秀逸。磐田のムサエフも攻守に存在感を放った。
 
 そのほか、ディフェンスラインにセレクトした鳥栖の青木は、制空権を完全に掌握。横浜の中澤は自身のJ1・550試合出場を祝福するべく、最後の砦として身体を張った。仙台の永戸が放つクロスの精度は一級品で、横浜の松原はチャンスを確実に活かして先制点を挙げた。
 
 GKに選んだ広島の林は59分に連続でビックセーブ。不調のチームで頼もしい存在だった。

【PHOTO】日本サッカーを彩る美女サポーターたち♥

【今節のベストイレブン】の採点&寸評

【今節のベストイレブン】
GK
1 林 卓人(広島) 6.5
ミスキックからピンチ招くなど不安定なところもあるが、59分に松井のシュートをストップしてチームを救う。
 
DF
27 松原 健(横浜) 6.5
サイドの攻防では押される時間が長く、攻撃参加は目立たなかったが、前半のワンチャンスを見事に生かした。
 
22 中澤佑二(横浜) 7
記念の550試合目で、貫禄十分の冷静な対応を続け、最後の砦として素晴らしい働き。3点目の起点にもなった。
 
35 青木 剛(鳥栖) 7
都倉へのロングボールをことごとく撥ね返す、制空権を完全に掌握。文句なしに勝利の立役者。
 
2 永戸勝也(仙台) 6.5
特に後半はクロスボールから多くの決定機を演出。2点目は前線のクリスランへピンポイントの正確なクロスでアシストを記録。ホニの縦突破にも粘り強く対応した。
 
MF
8 ムサエフ(磐田) 6.5
丁寧にパスをさばきながら迫力をもってボックス内にも侵入した。ボール奪取力の高さも秀でていた。
 
24 山村和也(C大阪) 7
身体を張ったポストプレーと多彩なワンタッチパスなど、前線で相手の脅威に。先制点だけではなく、芸術的クロスで決勝点もアシストした。
 
8 武富孝介(柏) 7
献身的に上下動を繰り返し、攻守に厚みをもたらす。59分には値千金の勝ち越し点を奪うと、64分にはクリスティアーノのシュートを押し込み追加点。さらには67分にヒールパスでアシストもマーク。流れを一気に引き寄せ、勝利の立役者となった。
 
FW
20 クリスラン(仙台) 7
66分からの途中出場ながら2ゴールで逆転勝利に貢献。2得点目の浮き球トラップからの左足シュートは圧巻の一言。
 
THIS WEEK MVP
7 ウーゴ・ヴィエイラ(横浜) 7
少ないチャンスの中で決定力の高さを発揮して2得点。とくに1点目の飛び込みでは抜け目なさを見せた。
 
9 クリスティアーノ(柏) 7
前半はフラストレーションを溜めていたが、尻上がりに調子を上げた。自身の1ゴールを含む全得点に絡む仕事ぶりは見事だった。
 
 
※選手名の左の数字はクラブでの背番号。右は今節の採点。
採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
 

最終更新:5/31(水) 7:00
SOCCER DIGEST Web