ここから本文です

市川春子『宝石の国』アニメ化にファンから期待の声「10月まで待てない」「待ってました!」

5/31(水) 17:30配信

ダ・ヴィンチニュース

 市川春子の人気マンガ『宝石の国』がテレビアニメ化され、2017年10月から放送スタートする。この朗報にファンからは「アニメ化待ってました!」「あの美しい世界観が3Dアニメになるなんて期待しかないよ」と興奮の声が上がっている。

『宝石の国』は今から遠い未来、かつて存在した生物が、不死の身体をもつ「宝石」になった世界で、月から飛来する謎の敵“月人”と宝石たちとの激しい戦いを描く、強くてもろくて美しいアクションファンタジーコミック。今回の3Dアニメ化では「ラブライブ!」「プリティーリズム」シリーズなどで知られる京極尚彦が監督を務める。

 アニメ化を期待していた原作ファンは多かったようで「『宝石の国』アニメ化? ついに? 絶対見なきゃ!」「10月まで待てないよお(泣)」「秋のアニメはこれで決まりだな」と歓喜の声が続々と上がり、京極監督の起用に「これ以上ない人選!」「なるほど京極さんなら納得だわ。宝石とかバトルシーンすごく綺麗な映像に仕上げてくれそう」と興奮する声も。

 アニメ化の発表と同時に公開されたティザービジュアルには、暗闇の中で光り輝く主人公・フォスフォフィライトの姿が描かれ「これは本編が楽しみすぎるクオリティー」と感嘆の声が。アニメーション制作は「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」のCGパートなどを担当した「オレンジ」が手掛けているため、「京極さんにオレンジとか最強の布陣で挑むわけか…」「近年まれにみるタッグでのアニメ化に感謝しかないわ!」とファンの期待は高まる一方のようだ。

 果たして『宝石の国』がどういった表現でアニメーション化されているのか、10月の放送スタートを楽しみに待とう。

■アニメ「宝石の国」
原作:市川春子
監督:京極尚彦
シリーズ構成:大野敏哉
キャラクターデザイン:西田亜沙子
制作:オレンジ
公式サイト:http://land-of-the-lustrous.com/