ここから本文です

天然の炭酸水を使った足湯は極楽! 「星野リゾート 界」で夏を楽しむ

5/31(水) 12:01配信

CREA WEB

 そろそろ考えたい夏の旅。星野リゾートの温泉旅館ブランド「界」で、自然に親しみながらひとりでも楽しめる夏の旅をご紹介しよう。

◆星野リゾート 界 日光美しい滝をめぐって涼をとる

 中禅寺湖の美しい景色を望む「星野リゾート 界 日光」。日光周辺には華厳の滝や竜頭の滝、湯滝など多くの滝があるが、その名瀑をめぐりながら涼をとる“滝浴み滞在”はいかが。暑さをしのぐため、滝を眺めながら涼をとる滝浴みは、江戸時代からあるという夏の過ごし方。

 まずは日光市内でお好みの浴衣をレンタルしたら、宿へ。浴衣にぴったりのヘアアクセサリーづくりをして、かんざしや髪留めなどを身につけ、滝浴みへ出かけよう。栃木の伝統工芸である鹿沼組子やビーズを組み合わせて、自分だけのオリジナルアクセサリーに。

 2日目には電動自転車で中禅寺湖畔をサイクリング。宿から約40分で竜頭の滝に着いたら、ドライフルーツを栃木産のほうじ茶に漬け込んでつくる“滝浴み茶”でひと息。これも自分好みのドライフルーツで、前日からつくっておこう。滝へのサイクリングがいっそう楽しみになる。

星野リゾート 界 日光
所在地 栃木県日光市中宮祠2482-1
電話番号 0570-073-011(界予約センター)
http://kai-ryokan.jp/nikko/

◆星野リゾート 界 松本自分だけの山景色“テラリウム”とは?

 アルプスの山々を望み、現代建築と伝統工芸が融合した浅間温泉の宿「星野リゾート 界 松本」。「岳都」とも呼ばれる松本で、山に親しむ“山滞在”を。

 自然を表現し、インテリアとして飾ることができる“テラリウム”づくりを体験しよう。植物や小石、ビーズやフィギュアなどを使って山景色を完成させれば、北アルプスの山々をもっと身近に感じられそう。

 初日の夜には、山歩きに備え、いい眠りにつくための入浴指南を受ける。8種13通りの湯が楽しめる「界 松本」の温泉でリラックスしてぐっすり眠れば、翌日の山歩きもいっそう楽しくなる。部屋には木曽檜でつくられた「湯玉」もあるので、香りを楽しんだりマッサージに使うこともできる。

 山歩きのおともには、長野名物“おやき”を用意。小麦粉や蕎麦粉などでつくる薄い皮で、野菜などの具材をたっぷり包み込み焼き上げたおやきは、旅にぴったり。雄大な自然を眺めながらおやきをいただくのも、山歩きのいい思い出に。

星野リゾート 界 松本
所在地 長野県松本市浅間温泉1-31-1
電話番号 0570-073-011(界予約センター)
http://kai-ryokan.jp/matsumoto/

1/2ページ

最終更新:5/31(水) 12:01
CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年9月号
8月7日発売

定価780円(税込)

100人の、人生を豊かにする1冊、1曲、1杯
本と音楽とコーヒー。

岡村靖幸×ほしよりこ
高橋一生「ひとり、静かな生活」

ほか