ここから本文です

「ナノ・ユニバース」が編集者のデッツ松田との新レーベル 「ナノ オルター」を始動 

6/1(木) 13:30配信

WWD JAPAN.com

 「ナノ・ユニバース(NANO UNIVERSE)」はダウトエヴリシングの代表でメンズファッション誌「アウトスタンディングM(OUT STANDING M)」の編集長兼クリエイティブ・ディレクターのデッツ松田とコラボレーションした新レーベル「ナノ オルター(NANO ALTER)」をローンチする。

 ブランド名の“ALTER”は、“部分的な変化”や“作り変える”という意味を持つ。コンセプトは、今までの固定観念や既存のアイテムに少しだけアレンジを加えることで、好奇心旺盛な大人たちでも着こなせるカジュアルウェア。1980年代初頭から現在まで、35年以上も東京のファッションシーンを見てきたデッツ松田の視点や発想がモノ作りに落とし込まれる。

 同ラインについてデッツ松田は「今回、『ナノ・ユニバース』からのオファーで、『ナノ オルター』を始めることになった。僕自身デザイナーではないので、 服作りに関しては監修という立場で携わっていく。具体的には、知人のブランドに僕が企画したアイテムの制作を依頼したり、メーカーに別注品の依頼もすることになると思う。『ナノ・オルター』では、洋服作りだけではなく、世界中で行われているコンベンションや各国のバイヤー取材、イベント企画にも携わっていく」と今後の豊富を語った。

 デッツ松田は1961年三重県生まれ。80年代半ばに編集者のキャリアをスタートした。ライフスタイル誌の「ホットドッグプレス(Hot Dog Press)」を中心にメンズファッション誌「チェックメイト(Checkmate)」「ポパイ(POPEYE)」など、さまざまな雑誌で編集やライターとして活動する傍ら、テレビやFMラジオ番組の構成作家としても活動し、フジテレビの「カルト Q」では構成を担当した。2000年代には雑誌「アサヤン(asAyan)」や「ヒュージ(HUGE)」のクリエイティブ・ディレクションを手掛け、11 年から現職。

1/2ページ

最終更新:6/1(木) 19:27
WWD JAPAN.com