ここから本文です

リネカーがアーセナルの“レベル低下”に苦言 「ベンゲルが思っているより遅れをとっている」

6/1(木) 7:30配信

Football ZONE web

かつてトットナムで活躍した英雄FWが、宿敵を一刀両断

 かつて名古屋グランパスでもプレーし、現在は解説者として英国サッカー界のご意見番的ポジションにいるギャリー・リネカー氏が、今季トップ4入りを逃したアーセナルについて「ベンゲルが思っているよりも遅れをとっている」と厳しい意見をぶつけている。英公共放送「BBC」が報じた。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 アーセナルはアーセン・ベンゲル監督の下、19シーズン連続でUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場を続けてきた。しかし、今季はついにトップ4の座から陥落。今季限りで契約満了となる指揮官とは新たに2年契約を結ぶことで合意したが、リネカー氏は厳しい視線を向けている。

「来季、アーセナルがトップ4に入れるかと尋ねられたら、私はおそらくできないと言うだろうね。彼らはベンゲル監督が思っているよりも(ライバルクラブから)遅れをとっているよ」

 レスターやアーセナルの宿敵トットナムで活躍した元イングランド代表ストライカーは、アーセナルのレベル低下を指摘した。今季は歴代最多となる13度目のFAカップ優勝で面目を保ったものの、リーグ優勝からは13シーズン遠ざかっているアーセナルを「実力不足」と一刀両断している。

「今季FAカップを勝ち取ったが…」

 さらにリネカー氏は長期政権で成功を収めた前任者として、元マンチェスター・ユナイテッド指揮官のサー・アレックス・ファーガソン氏の名前を挙げて、ベンゲル監督との比較についても語っている。

「もう一つの例はサー・アレックス・ファーガソンだが、彼は最後にリーグタイトルを勝ち取った。アーセン・ベンゲルは今季FAカップを勝ち取り、常にトップ4も争っていたが、今では状況が変わった」

 続投が正式決定したベンゲル監督だが、逆風となる意見は完全に消え去ってはいないようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:6/1(木) 7:30
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新