ここから本文です

いま日本一速い男...かも。関口雄飛がSF第2戦で異次元のぶっちぎり

6/1(木) 7:30配信

webスポルティーバ

 国内最高峰のフォーミュラカーレース「全日本スーパーフォーミュラ選手権」の第2戦が、岡山県にある岡山国際サーキットで5月27日~28日に開催された。

■次の日本人F1ドライバーは誰になるのか?

 開幕戦とは異なるドライバーが上位を占めるレース展開となったが、そのなかでも目を見張るほどの強烈な走りを見せたのが、今季のチャンピオン候補のひとりと注目されている関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)だ。

 昨年からスーパーフォーミュラへの参戦を開始した関口は、第4戦・ツインリンクもてぎ(栃木県)で初ポールポジションから後続を圧倒して初優勝。第6戦・スポーツランドSUGO(宮城県)では不運なタイミングでのセーフティカー導入でひとりだけピットインのタイミングを逸し、もはや勝つチャンスを失ったかと思われたが、そこからライバルに1周あたり1秒も差をつける驚異的な走りでトップを死守。シーズン2勝目を挙げ、ファンや関係者を驚かせた。

 今シーズンは、さらなる活躍が期待されたが、開幕戦では12位。思うようにパフォーマンスを発揮できなかった。だが、岡山ラウンドでは一転、関口らしい“異次元の速さ“が蘇る。

 岡山での第2戦は2レース制が採用され、土曜日に第1レースの予選・決勝、日曜日に第2レースの予選・決勝を行なうという変則的なものになっている。前日の練習走行から好調だった関口は、第1レースの予選からライバルを圧倒した。

 岡山国際サーキットは全長が短いコースということもあり、毎回0.001秒単位の僅差でポールポジションが決まることが多いが、関口は2番手以下に対して0.5秒以上のタイム差を叩き出す。これには2番手に入ったアンドレ・ロッテラー(VANTELIN TEAM TOM'S)、3番手のニック・キャシディ(KONDO RACING)も“お手上げ“という様子だった。

 迎えた第1レースの決勝。関口はインタビューで「スタートの出来で99.9%(レース結果が)決まる」と答えていた。その予想は、残念な形で的中してしまう。

 スタートが切られると好ダッシュを決めたのはロッテラーで、トップを奪って1コーナーへ進入していく。2番手に下がった関口は背後に食らいつくも、岡山は追い抜きポイントが非常に少ない。第1レースは途中のピットストップもないスプリントレースということもあり、最後まで逆転は叶わず2位でチェッカーを受けた。

「思っていたとおり、スタートが重要でしたね。そこで出遅れて2位になってしまい、そこから抜くのはほぼ無理だというのはわかっていたのですが、精一杯がんばりました。でも、やっぱりダメでした」(関口)

 スタートをうまく決められず勝機を失ってしまったことに対する悔しさはもちろん、「第2レースでは絶対に優勝してみせる」という強い思いが伝わってくるような表情が印象的だった。

 そして翌日の第2レース。関口はその悔しさをぶつけるような快走を見せる。午前中の予選は3番手。だが、スタート直後の混戦でポジションをひとつ落としてしまった。第2レースでは4輪のタイヤ交換義務があり、レース途中に1回はピットストップが必要となる。4位に落ちた関口は、いきなり1周目にその義務を消化する作戦を選択した。

 このピットストップによって後方からレースを進める展開となったが、前方に誰もいない状態で自分のペースで走ることができる。ここから関口は、昨年に何度も見せた“異次元の走り“を披露した。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
4月13日発売

定価 本体1,472円+税

フィギュア特集
『羽生結弦 平昌への道』
■ヘルシンキの激闘
■宇野昌磨、本田真凜ほか