ここから本文です

男女格差や女性蔑視のない社会へ前進、2017カンヌ映画祭を振り返る

6/1(木) 17:30配信

ハーパーズ バザー・オンライン

2017年5月17日に(現地時間)に開幕した、第70回カンヌ国際映画祭。ハリウッドセレブたちは、眩しい太陽、紺碧の海、極上のホスピタリティを求め、ファッションが好きな感度の高い観客たちは、レッドカーペットに集まる豪華爛漫なドレススタイルをひと目見ようと押し寄せる。その人気と影響力は、記念すべき70周年を迎えた今もなお衰え知らず。

格差解消へ前進?第70回カンヌ映画祭で女性の活躍が目立ったシーンを総まとめ

ところが近年、そんな豪華絢爛な一大イベントの「男女の格差」や「女性蔑視」を非難する声が多いという。

その理由のひとつは「女性にハイヒールの着用を求める」というドレスコード。ご存知のとおり、レッドカーペットではフラットシューズは禁止。ハイヒールを履いていないという理由で入場できなかった観客も大勢いるのだそう。それに、映画祭に参加している女性監督の人数が男性と比べて圧倒的に少ない。あまりの少なさにフェミニズム運動の活動家であるグロリア・スタイネムは2012年、女優のジリアン・アンダーゾンやレイチェル・ウォードらと共に猛抗議したほど。また今年の映画祭でも、公式ポスターに起用されたイタリアの女優、クラウディア・カルディナーレの画像がフォトショップで加工されたように見える、と非難が殺到。

しかし、これまでさまざまな問題を指摘されることの多かったカンヌ映画祭にも今年は変化の波が!

存在感を放つ女性監督たち

アメリカ人女優として初めてセザール賞を受賞したクリステン・スチュワートは、米メディア『Refinery29』による女性映像作家を支援するプロジェクト「Shatterbox Anthology Project」の一環で、監督として手がけた初作品『Come Swim(原題)』を上映。御歳80歳、女優のヴァネッサ・レッドグレイヴも難民危機をテーマにした『Sea of Sorrow(原題)』で監督デビュー。それに大注目のコペティション部門には、河瀬直美監督はじめ、カンヌの常連ソフィア・コッポラやイギリスの映画監督で脚本家のリン・ラムジーなどの顔ぶれが揃った。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年10月号
2017年8月19日発売

定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。