ここから本文です

高すぎても安すぎてもダメ?幸せな結婚生活を維持できる婚約指輪の価格帯とは

6/1(木) 18:00配信

ハーパーズ バザー・オンライン

離婚したくなければ、婚約指輪は11万円以内?

ではどのくらいの価格が妥当なのか。調査を行った専門家に聞いてみると、「離婚を回避したいのであれば、婚約指輪を1,000ドル(約11万円)以内におさめる」のがおすすめだそう。
その理由は、婚約指輪に使用されるダイヤモンド。「永遠の輝き」と称されるダイヤモンドは、高品質のものであれば、億単位のお金が動くほどの希少価値があるため、離婚となれば、その所有権を巡って争いになることも。

結婚最適齢期は何歳?

だからと言って、安すぎるのもダメ?

だからと言って、安ければいいというわけでもなく、500ドル(約55,500円)を下回ると、それはそれで離婚につながりかねないという。つまり、結婚生活を長く続けるには500~1000ドルの婚約指輪がベストということに。

あとは夫婦でしっかり話し合い、お互い納得した指輪を購入することが大事。これからエンゲージリングを探す予定のカップルは、ぜひ参考にしてみては。

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年10月号
2017年8月19日発売

定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。