ここから本文です

2023年にローザンヌ条約の密約満了? トルコ経済大躍進の予感も

6/1(木) 19:00配信

マネーポストWEB

 FX(外国為替証拠金取引)投資家にとって「トルコ」と聞くと、ハイリスクなイメージを思い浮かべる人は少なくないだろう。そして、「高金利通貨であるトルコリラを買いたいと思いつつ躊躇してしまう」というトレーダーの声もある。では本当にトルコ情勢は危険なのだろうか? FXのカリスマ主婦トレーダーとして知られ、積極的にトルコリラ円相場でもトレードを行う池辺雪子さんは、トルコが秘める可能性について以下のように解説する。

 * * *
 以前、私がトルコへ旅行に行った時の話ですが、現地の中学生くらいの子供たちが数人のグループや20人くらいの集団で歩いていました。そして、ふとその「たくさんの子供たち」の目を見ると、全員の目がすごくキラキラしていました。

 1人か2人の目がキラキラしていたというわけではなく、本当に全員の目がキラキラ輝いていたのです。思わず一緒に旅行をしていた主人とも「すごく目がキレイだね」と話したくらいです。

 なんでこんなに目がキラキラしているのかなと思っていたら、ガイドさんが「トルコは日本のように核家族ではなくおじいちゃん、おばあちゃんも一緒に大家族で生活を営むのが一般的なんですよ」と説明してくださり、おそらく、学校から帰ってきても寂しくないし愛情がたくさん注がれる環境で育っているからこそ目がキラキラしているのだと感じました。また、子供だけではなく大人も楽しそうに、たくましく生きている印象でした。

 私がトルコを訪れてから数年が経っており、もちろんここ最近はクーデターなどの影響によって状況が少し変わっている可能性もあります。

 しかし、最近トルコに行かれた方が「心配するようなことは何も無かったですよ」と教えてくれました。また、日本の各旅行会社もトルコツアーを企画していてその広告をよく見かけます。こういったことからトルコ情勢は落ち着いてきている、ということがうかがえるのではないでしょうか。本当に危険だったら日本の旅行会社はツアーを企画しないはずですから。

1/2ページ

最終更新:6/1(木) 19:00
マネーポストWEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

マネーポスト

株式会社 小学館

2017年夏号
6月1日発売

定価620円

最新号の総力特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。「年内株価3倍期待の高成長株10」他、上がる株を一挙大公開。