ここから本文です

酔っ払いから“暴行”を受けた警備ロボットー弱点浮き彫り

6/1(木) 17:50配信

WIRED.jp

シリコンヴァレーにあるショッピングセンターの駐車場で、身長約1.5mで重さ150kgもある警備ロボットが、男に殴られて地面に倒される事件が起きた。優れた防犯性能をもつロボットとはいえ、反撃できず自力で起き上がれない“弱点”があだになったようだ。ロボットが活躍する場が増えるほど頻発しそうな、“傷害事件”の全貌。

【動画でみる】自衛手段は警告音、倒れると自力で起き上がれない警備ロボ

シリコンヴァレーにあるショッピングセンターの駐車場で、重量が130kgを超える卵形の警備ロボットが、男に殴られて地面に倒される事件が起きた。カリフォルニア州マウンテンヴューの警察によると、男は酒に酔っていたという。

Knightscope製のロボット「K5」と駐車場でいさかいを起こしたとされて逮捕されたのは、マウンテンヴューに住む41歳のジェイソン・シルヴァン容疑者だ。ロボットへの“暴行”のほかに、公共の場で酒を飲んだ状態で歩き回った罪にも問われている(カリフォルニア州では「公共の場での酔った状態は違法」で、厳密に言えば、レストランやバー,友人宅におけるパーティ等のプライヴェートな場で飲酒した場合でも,そのまま公共の場に出れば違法行為に該当する)。

4月25日付けでこの事件を初めて報道した「ABC7 News」によると、ロボットにはかすり傷が付いたが、いまは任務に復帰しているという。

K5ロボットは高さ約1.5m。360度の動画ストリーミング機能を備えており、車のナンバープレートを1分間に300枚読み取ることができる。何らかの異常を検知したら無線で警備員に知らせるのが仕事だ。さらに近いうちに、人間が所持する銃を検出できるようにするとのことだ。

だが“弱点”もある。セキュリティロボットとはいえ武装はしておらず、自衛の手段は「車の盗難防止アラーム」のような警告音だけだ。また、バランスを崩して倒れると自力では起き上がれない[日本語版記事]。

マウンテンヴューに本拠を置くKnightscopeでは、このロボットをさまざまな顧客に1時間あたり7ドルで貸し出している。同社は多くの顧客を抱えており、そのなかにはマイクロソフトや、全米プロバスケットボール協会(NBA)に所属するチーム「サクラメント・キングス」なども含まれているという。

なお、2016年7月には、Knightscopeの別のセキュリティロボットが、シリコンヴァレーのショッピングセンターで生後16カ月の幼児を押し倒す事件があった。ロボットは男の子の右足を轢き、あざが残ったものの、骨折などはなかったとのことだ。

DAVID KRAVETS

最終更新:6/1(木) 17:50
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.28』

コンデナスト・ジャパン

2017年6月8日発売

630円(税込み)

特集「Making Things ものづくりの未来」。大量生産、大量消費の時代が終わりを迎えるなか、ヒトはいかにものと向き合い、それをつくり、使っていくのか。