ここから本文です

【 本日公開! 】 “ウルヴァリン”シリーズ最終作は、中年男性の生き様を描いた傑作!

6/1(木) 20:40配信

MEN’S+

 「X-MEN」シリーズの人気キャラクターである、「鉄の爪」を持つウルヴァリン。
 
 名優ヒュー・ジャックマンが17年間演じてきたウルヴァリンの有終の美は感動ものです。

【 日本版予告の動画を見る!】 これぞ、ウルヴァリンの集大成!

映画『LOGAN/ローガン』

 アメコミのなかで、特に人気の高い作品が「X-MEN」シリーズ。あらゆる能力をもったミュータントたちが彼らを狙う悪の組織から逃げ、正義のために闘い続けます。年代ごとに社会問題も取り上げており、若い世代のみならず各世代で高い人気を誇る作品シリーズです。 
 
 その「X-MEN」シリーズのなかでも、人気の高いキャラクターの一人が『鉄の爪』を武器に闘うウルヴァリン。仲間たちからは本名であるローガンと呼ばれ、若いミュータントたちから恩師チャールズ・エグゼビア=プロフェッサーXとともに尊敬され続けており、アメコミに詳しくない方でも一度はその名前を聞いたことがあるかもしれません。 
 
 これまでウルヴァリン=ローガン(ヒュー・ジャックマン)のスピンオフ作品が2作公開されており、本作では近未来の2029年が舞台となっています。しかしながら、本作で描かれる風景は現在と大きく異なることはなく、ネオンライトが眩しいラスベガスやとうもろこし畑を一望できる田舎の風景に、どこか安心してしまうのです。 
 
 治癒能力をもつミュータントとして知られるローガンは、加齢のため能力が衰えており、体のあらゆる箇所が劣化していました。それは恩師チャールズ(パトリック・スチュワート)にも言えることであり、彼の認知症や謎の行動にローガンは頭を悩ませながら、チャールズと仲間キャリバン(ステファン・マーチャント)とともに静かに生活していたのでした。

 そんなある日、少女ローラ(ダフネ・キーン)が武装集団に追われていることを知り、チャールズとともにローガンは彼女の身を守りながら、一緒にカナダの国境を目指すことを決意します。なぜ、ローラが武装集団から追われているか、の理由を知ったローガンは、ある決意をするのでした。個性溢れる3人のロードトリップは、果たして何事もなく無事辿り着くことができるのでしょうか?

1/2ページ

最終更新:6/1(木) 20:40
MEN’S+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズクラブ

ハースト婦人画報社

2014年12月号
2014年10月24日発売

特別定価:810円

『メンズクラブ』は35歳中心の男性に向け、
リアルに使えて本当に似合う情報を
男性文化の薀蓄をもって提案する
使えるラグジュアリー読本です!