ここから本文です

アーセナル中盤の要、1年以上の離脱に…「まだ5ヶ月以上はかかると思う」

6/1(木) 8:40配信

フットボールチャンネル

 アーセナルのスペイン代表MFサンティ・カソルラは、負傷からの復帰までにあと5ヶ月以上は必要になるという見通しを示した。スペインラジオ『カデナ・セール』に話している。

【動画】やはり危険な技だった! キャプ翼必殺シュート挑戦

 カソルラは昨年10月19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のルドゴレツ・ラズグラド戦で負傷。そのまま2016/17シーズン中に復帰を果たすことはできなかった。今週には、負傷以来8度目となる手術を受けたという。

「キャリア最悪のシーズンだった」とカソルラは今季について振り返っている。「タオルを投げそうになるが、僕は何よりもサッカーをプレーしたいと望んでいる」と復帰に意欲を見せるも、具体的な見通しは立っていないようだ。「予定を立てるのは難しいが、5ヶ月以内ということはないと思う」と語った。

 アーセナルは今季までとなっていたカソルラとの契約を12月に延長し、復帰を待つ姿勢を示している。「クラブはすごく親切にしてくれている。手術を受ける前に契約を延長してくれて、(アーセン・ヴェンゲル)監督も話をして安心させてくれた」とカソルラは感謝の思いを述べた。

 2012年にアーセナルに加入して以来、中盤で不動のポジションを確保していたカソルラだが、2シーズン続けての長期離脱を強いられることになった。32歳のベテランMFが再び元気な姿を見せられるのはもう少し先となりそうだ。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)