ここから本文です

利用したことがあるパーソナルローンTOP3

6/1(木) 19:10配信

@DIME

マイボイスコムは、10回目となる『パーソナルローンの利用』に関するインターネット調査を2017年4月1日~5日に実施し、1万928件の回答を集めた。

【グラフ】利用したことがあるパーソナルローンTOP3

◆パーソナルローンの利用経験

パーソナルローンの利用経験者は14.8%、「現在利用している」が4.4%、「以前、利用したことがあるが現在は利用していない」が10.4%となっている。男性20代以上では、現在利用者が約6~7%。利用経験者は、男性40代以上で2割強、男性20・30代で10%台、女性では1割弱となっている。

◆利用したことがあるパーソナルローン

利用したことがあるパーソナルローンは、「アコム」「アイフル」「プロミス」が利用経験者の各2割で上位にあがっている。現在利用者に限定すると、「アコム」「楽天銀行スーパーローン」「アイフル」の順で多くなっている。

◆主利用パーソナルローンの魅力点

主利用パーソナルローンは、「アコム」が利用経験者の10.2%、「アイフル」が6.3%、「プロミス」が6.0%、「三菱東京UFJ銀行カードローン」が5.9%など。主利用パーソナルローンの魅力点を聞いたところ、「知名度・実績があるので信頼できる」「店舗やATMの場所が利用しやすい」「金利や手数料が低い」が各2割で上位にあがっている。過去調査と比べて、「店舗やATMの場所が利用しやすい」は減少傾向。主利用ローン会社別にみると、『オリックスVIPローンカード』『住信SBIネット銀行ネットローン』『楽天銀行スーパーローン』では「金利や手数料が低い」、『みずほ銀行カードローン』では「大手銀行のグループに属しているので信頼できる」が1位。

◆パーソナルローンの利用意向

パーソナルローンの利用意向は5.8%、現在利用者では5割強、利用中止者では2割弱、未経験者では約2%。非利用意向は7割強、現在利用していない層では6~7割となっている。

◆パーソナルローンに対するイメージの変化

パーソナルローンに対するここ1~2年のイメージの変化は、「以前から悪いイメージがあり、現在も変わらない」が52.5%、「以前から悪いイメージがあり、現在は更に悪くなった」が8.9%、「以前は悪いイメージがあったが、現在はよいイメージを持つようになった」が5.6%。「以前から悪いイメージがあり、現在も変わらない」は、パーソナルローン利用未経験者では6割弱、現在利用者・利用経験者では2~4割。パーソナルローン現在利用者では、「以前からよいイメージを持っており、現在も変わらない」「以前は悪いイメージがあったが、現在はよいイメージを持つようになった」が2~3割で他の層より比率が高くなっている。

◆パーソナルローンに対するイメージが変化した理由(全7218件)

・【以前からよいイメージを持っており、さらによいイメージを持つようになった】借り入れを行うとお得な特典が付くキャンペーンがあったりするところ。(男性45歳)
・【以前からよいイメージを持っており、現在も変わらない】審査が早く、できることできないことを正確に説明してくれる。(男性61歳)
・【以前はよいイメージを持っていたが、現在は悪くなった】金利が高いのと、主婦だと自動リポ払いのカードしか選択できないので損。(女性54歳)
・【以前は悪いイメージがあったが、現在はよいイメージを持つようになった】お金を借りるなんていいイメージはなかったが、契約もスムーズに出来たし、借りすぎなければ返済に追われることもないので、無理なく返せた。(女性31歳)
・【以前から悪いイメージがあり、現在も変わらない】元々、金利が高く利用すると借金が増える感じがあったが、やたら弁護士事務所の過払い金広告を見ると余計にそう思う。(女性49歳)
・【以前から悪いイメージがあり、現在は更に悪くなった】金利が高い。借りたら返済が大変になるのにバンバンCMで勧誘してる感じが嫌。足りなければ、借りたらいいというCMが嫌い。(女性41歳)

文/編集部

@DIME編集部

最終更新:6/1(木) 19:10
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年11月号
9月16日発売

定価600円

RIZAPの真実。
2018年最新手帳 格付けレビュー
スーパー中学生のつくりかた