ここから本文です

「どこにいるの?」ブラジルの英雄ガリンシャの遺体が消える…

6/1(木) 16:07配信

SOCCER DIGEST Web

掘り起こしたことを認める墓地職員ですらも…。

 分かってはいても止められない華麗なドリブルを武器に、サッカー王国ブラジルのワールドカップ連覇(1958年、1962年)に貢献した元ブラジル代表のガリンシャ。そのかつての英雄の“行方”が今、注目されている。
 
 ガリンシャは現役時代に「サッカー界の王様」と知られるペレと肩を並べ、ワールドカップでは1958年のスウェーデン大会で優勝。1962年のチリ大会では、世界連覇と得点王に輝いた。
 
 先天性で膝が悪く、1972年にキャリアに幕を閉じたガリンシャ。しかし、引退後は現役時代から続いていた飲酒の量が増え、アルコール依存症により入退院を繰り返すように……。そして、1983年に49歳の若さで他界。そのあまりに変わり果てた顔は、当時の担当医が最後まで当人だと気づかなかったほどだったという。
 
 そんなアルコールに溺れたブラジルの英雄の行方が、分からなくなっているという。この仰天ニュースを英国メディア『BBC』をはじめ、各国メディアが報じている。
 
 死後、ガリンシャはリオ・デ・ジャネイロの北に位置するマジェー市のライース・ダ・セーラという一族の墓地に埋葬されていた。しかし、実の娘であるロザンジェラ・サントスさんが、亡くなった他の親族を埋葬するために墓地を確認したところ、遺体が無くなっていたというのだ。
 
 これを受けて墓地職員は、「遺体は掘り出して、引き出しのような収納棚に移した」(BBC)とコメントしたが、ガリンシャの親族はそれを証明する書類を受け取っていないそうだ。
 
 ブラジルの墓地は、遺体がそのまま埋められるものと、骨や灰が埋められているものの2つに分けられており、ブラジル・メディア『グローボ』は、ガリンシャの墓も1983年に建てられたもの(上記の一族の墓)と1985年に造られたものの2つ存在していると報じている。
 
 さらにグローボは、今回の一件を受けてマジェー市長であるラファエウ・トゥバロン氏が、DNA検査によるガリンシャが眠る2つの墓地の再調査を親族に提案していると伝えた。
 
 ロザンジェラさんは、「彼(ガリンシャ)がどこにいるのかは分からないわ。市長は霊廟を約束してくれているけど、その前にまず彼を見つけないといけない」と嘆いている。
 
 いまや誰一人として分かっていないブラジル・サッカーの英雄ガリンシャの行方。一体、どこへ消えたのだろうか?

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

最終更新:6/1(木) 16:11
SOCCER DIGEST Web