ここから本文です

地球滅亡の危機に引き裂かれるロメオとジュリエット - 渡辺由佳里 ベストセラーからアメリカを読む

6/1(木) 10:30配信

ニューズウィーク日本版

<今年の米SFネビュラ賞を受賞したのは、トランスジェンダーでレズビアンという異色のマイノリティ作家。地球温暖化で危機に瀕した人類の価値観の対立を描く>

ネビュラ賞とヒューゴー賞は、アメリカのSFジャンルを代表する文学賞だ。

ネビュラ賞はアメリカSFファンタジー作家協会の会員、ヒューゴー賞はワールドコン(世界SF大会)に登録したファンが投票で選ぶ。2つの賞で共に最終候補になった作品は、プロとアマチュアの両方が完成度と面白さを認めたことになる。

先日、2017年のネビュラ賞(長篇部門)を受賞した『All the Birds in the Sky』は、ヒューゴー賞の最終候補にもなっており、ダブル受賞するかどうかが注目されている(ヒューゴー賞の発表は8月)。

2017年のネビュラ賞長篇部門の最終候補は次の5作品だった。

・『All the Birds in the Sky』Charlie Jane Anders
・『Borderline』(Sagaシリーズ)Mishell Baker
・『The Obelisk Gate』N.K. Jemisin
・『Ninefox Gambit』Yoon Ha Lee
・『Everfair』Nisi Shawl

SF分野では、かつて女性作家は非常にまれだった。ネビュラ賞とヒューゴー賞を受賞したイギリス生まれの女性作家ジョー・ウォルトンは筆者と同年代だが、数年前に取材したとき、「女性のSF作家の作品を出版してくれる出版社はあまりなかった」と苦労を語ってくれた。また、白人以外のマイノリティが賞を受賞することもほとんどなかった。

ところが、今年の最終候補作家には、かつてのマジョリティだった白人男性が1人もいない。5人の候補のうち3人は人種的マイノリティ(黒人とアジア人)で、4人は女性だ。アメリカのSF業界の変化を感じさせる候補リストだが、近年アメリカのSF業界を揺るがしたカルチャー戦争に対する意思表明のようなものも感じる。

【参考記事】エイリアンとの対話を描く『メッセージ』は、美しく複雑な傑作

ネビュラ賞受賞者のCharlie Jane Andersは白人だが、ある意味ほかの候補よりもユニークなマイノリティだ。彼女は、トランスジェンダーでしかもレズビアンであることを公表している。また、アメリカのSFやゲーム界には男尊女卑の雰囲気があり、それがよく問題になっている。しかし、Andersは長年のパートナーであるAnnalee Newitzと一緒に女性二人でSFとファンタジー専門ブログ「io9」を共同創設し、人気サイトに育て上げた。

ネビュラ賞受賞作の『All the Birds in the Sky』は、ファンタジーからディストピアSFに豹変する不思議な作品だが、こんな経歴を持つ作者だからこそ書くことができたのかもしれない。



この作品の主人公は、動物と会話を交わす魔力がある少女Patriciaと物理学の天才少年Laurenceの二人だ。ボストン近郊の中学校で出会った二人は、周囲と異なるがゆえに、同級生から執拗ないじめを受けていた。二人が親しくなったのは、ほかに友だちがいなかったからで、特に相手の性格にひかれたわけではない。しかし、未来を予知して二人の命を狙う殺し屋と、わが子を理解しない親たちが介入し、二人はサバイバルのために別々の道を歩むことになる。

10年後、ふたりは偶然にサンフランシスコで再会した。魔術師の学校で訓練を受けたPatriciaは癒やしのパワーを持つ魔女になり、LaurenceはITスタートアップの寵児として有名になっていた。

Patriciaの交友関係は自然信仰の魔術師たち、Laurenceも科学とビジネスを信仰する者たちの狭い世界だ。どちらも、地球温暖化の救世主は自分たちだと信じている。だが、双方が「最も重要だ」と思っていることは異なる。魔術師たちは、人類よりも自然を重んじている。そして、ITビジネスの信仰者たちは「人類が存続するために、10%の人類をほかの惑星に移住するべき。そのために地球を破壊してもヒューマニティの存続のためには仕方がない」という考え方だ。

気候変動で食料の価格が暴騰しているが、人々はまだ普通の生活を続けていて、自然信仰者と科学信仰者の違いが表面化することはなかった。それゆえに、PatriciaとLaurenceも交流を持つことができ、ふたりは少しずつ昔の友情を取り戻す。

だが、地球温暖化による大きな自然災害がアメリカの首都とニューヨークを壊滅させると、それをきっかけに全世界で紛争が勃発するようになる。この危機に、自然信仰の魔術師たちと科学信仰のITビジネス集団は、地球と人類の存続について異なる決断を下し、それを実行に移そうとする。対立する二つの集団は血みどろの闘いを始め、PatriciaとLaurenceは、仲間への忠誠心と愛情との間で選択を迫られる。読者もまた、二人の若者と地球の運命に最後までハラハラすることになる。

【参考記事】トランプ政権下でベストセラーになるディストピア小説

「自分はみんなとどこか違う」という違和感と、それを周りから嗅ぎつけられて虐めにあった経験がある人はたくさんいるはずだ。大人への徹底的な不信感を抱いたこともあるだろう。そんな人は、すぐにPatriciaやLaurenceに感情移入できるはずだ。

私もPatriciaのような子どもだった。現実の世界が苦しくなると、私は読書と空想の世界に逃げた。その世界では、私はパワフルな魔法使いであり、ロケットで異なる惑星に旅する冒険家だった。『All the Birds in the Sky』は、私がかつて夢想した世界の延長線上にある。でも、登場人物たちが対面するのは、「地球と人類の滅亡の危機」という重荷だ。そして、「仲間と長年の友情のどちらを選ぶのか?」という答えがない選択も......。



この小説は、もうひとつの重要な問題提起をしている。それは、世界中に蔓延する「極端な正論」の対立構造だ。この小説では、自然保護主義の魔術師たちは、地球に比べれば人類の価値なんてちっぽけだと思っている。一方で、ITベンチャー企業に関わる科学者たちは、人類の存続のためなら、地球と大部分の人間を犠牲にするのは仕方がないと思っている。どちらも「正しいのは自分たちだけ」という信念で、地球と他の動物、人類の運命を決めてしまおうとする。

小説だから単純に描かれているが、私たちが住む世界では、こうした対立が日常茶飯事になっている。エネルギー対策でも、医療問題でも。互いに相手の話に耳を傾けず、歩み寄りをしないので、事態はますます悪くなる。そんな対立でロメオとジュリエットのような状況になるLaurenceとPatriciaが、読者に立ち止まって考える機会を与えている。

友情と忠誠心を常に重んじるPatriciaに対して、Laurenceの利己主義が気になるし、軽いユーモアやロマンスがしだいに残酷で絶望的なトーンに変化していくのには心が重くなる。しかし、最終的に人類と人間性の希望を抱かせてくれるエンディングには救われる。

現実世界では、そこまで事態が悪化する前に対立が解決することを願いたい。

渡辺由佳里

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2017-9・26号
9/20発売

460円(税込)

他の日本のメディアにはない深い追求、
グローバルな視点。
「知とライフスタイル」のナビゲート雑誌。