ここから本文です

71kg→52kg! 39種類のダイエットに失敗したからこそたどり着いた“最強ダイエット法”

6/1(木) 11:00配信

ダ・ヴィンチニュース

 絶対にリバウンドしない“最強ダイエット法”を紹介した、『39種類のダイエットに失敗した46歳のデブな女医はなぜ、1年間で15kg痩せられたのか?』が2017年5月25日(木)に発売された。

 著者は「ほんまでっか?! TV」「ミヤネ屋」など数多くのテレビに登場しているアンチエイジングドクター・日比野佐和子。そんな日比野は42歳のときに1年間で15キロの減量に成功し、46歳の今もリバウンドなしで体型を維持している。

 だが、それまでは「デブな女医」で、数々のダイエットを試しては失敗しリバウンドを繰り返してきたという。痩せたい→ダイエットで食欲を我慢する→我慢に限界がくる→暴飲暴食に走る→太るという、まさに負のスパイラル―。

 失敗したダイエットの数はじつに39個。「医者なのに、こんなに失敗しているの?」そう驚かれるかもしれないが、この失敗や経験があったからこそわかったこと、そして医者になった今だからこそわかるダイエット法が同書に綴られている。

 医学的な立場から見たダイエットやホットヨーグルトを活かしたダイエットなど、日比野が失敗しながらも手に入れたノウハウが満載。リバウンドで悩んでいる人は、この「絶対にリバウンドしないダイエット法」を取り入れてみては?

日比野佐和子
再生未来Rサイエンスクリニック広尾院長、医学博士。大阪大学医学部大学院医学系研究科卒業・博士課程修了。大阪大学医学部大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学講座特任准教授、同志社大学アンチエイジングリサーチセンター講師、森ノ宮医療大学保健医療学部准教授、ルイ・パストゥール医学研究センター基礎研究部アンチエイジング医科学研究室室長を経て、平成25年に現職に就任。専門分野は欧米のアンチエイジング医学に加え、中医学、ホルモン療法、プラセンタ療法、植物療法(フィトテラピー)、アフェレーシス療法(血液浄化療法)など多岐にわたる。

※掲載内容は変更になる場合があります。