ここから本文です

見た目はケーキだけど中身はサラダ!? 低糖質&グルテンフリーの世界が注目する「ベジデコサラダ」

6/1(木) 11:00配信

ダ・ヴィンチニュース

 まるでケーキのようなサラダ「ベジデコサラダ(R)」を紹介する『低糖質&グルテンフリーでおいしくハッピー! ベジデコサラダの魔法』が、2017年5月25日(木)が発売された。

「ベジデコサラダ(R)」とは、ベジデコサラダデザイナー・グルテンフリー料理家の森安美月により開発された、まるでデコレーションケーキのように作られたサラダのこと。低糖質&グルテンフリーなので、「疲れにくい」「肥満を防ぐ」「腸の働きを良くする」など多くの効果が期待できる。さらに発酵食品の甘糀(甘酒のもと)や大豆粉も使用。ケーキのような見た目でも、健康的な要素が豊富に含まれている。

 同書には、「ベジデコサラダ(R)」の誕生ストーリーやレシピ、著者が実践している低糖質&グルテンフリーの食スタイルを楽しく続けるヒントを多数掲載。「国産大豆粉と糀を使ったスポンジ」「糀を入れたとうふクリーム」「糀でお好みのドレッシング」と作り方を1つひとつ丁寧に説明しているので、初挑戦の人でも簡単に作れるはず。

 アメリカ「CNN」、ドイツ「ProSieben」などのメディアにも取り上げられ、世界中で注目を集める「ベジデコサラダ(R)」。新感覚のサラダで、楽しみながら健康的な体を目指そう。

森安美月(もりやす・みつき)
愛知県名古屋市出身。1987年レストランの経営に携わる。自身の体験に基づき低糖質&グルテンフリーが健康と美容のカギになると確信し、商品開発をスタート。日本伝統の糀と国産大豆粉の「糀すふれっど」を開発し、2015年1月名古屋商工会議所より「なごやくらふと賞」を受賞。さらに低糖質&グルテンフリーを広めるため、MitsukiStyle(ミツキスタイル)の活動を開始。2015年6月「見て楽しい食べて楽しい笑顔があふれる」をコンセプトにした「ベジデコサラダ(R)」を発表。2016年12月一般社団法人日本ベジデコサラダ協会理事長に就任。

※掲載内容は変更になる場合があります。