ここから本文です

坂上忍、50歳にして“終活”を完了「安心して早死にしそう」

6/2(金) 11:45配信

ザテレビジョン

6月1日(木)放送の「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)に坂上忍、本郷奏多、芳根京子が登場。クセの強い男女スペシャルと題して、それぞれが持つ信念やこだわりに迫った。

【写真を見る】「終わったらね、なんか逆に早死にしそうな気がしてきたの」と語った坂上

年間番組出演約500本をこなす多忙な坂上は、毎朝4~5時に起床して新聞を読み込んだ後、飼い犬10匹の散歩(約2時間)へ行くのが日課。

以降は収録や打ち合わせ、連載原稿の作成など、夜遅くまで仕事が続き、移動時間も無駄にしない徹底ぶりを見せた。

さらに坂上は、以前より考えていた“終活”も終えたばかりだと告白。

終活とは葬式や墓、遺産などについてあらかじめ決めておくことだが、60代になってから始めるのが一般的。

50歳にして終活を終えてしまうあたりは坂上らしいが「終わったらね、なんか逆に早死にしそうな気がしてきたの。安心しちゃって!」と、背負ってきたものの重さを感じさせた。

すると有吉弘行は話をズラし、宮根と手をつないでいるように切り取った番組写真で不倫疑惑を捏造されたフリーアナウンサー・川田裕美を標的に「宮根(誠司)さんの遺産はどうなるんですか?」と質問。

川田は「愛人でもなんでもないですからね!来るわけがないから!!いいかげん忘れてください」と改めて疑惑を否定。

有吉は「愛人だからと思って気使ってんですけどね~」と返して笑いを呼んだ。

また、以前出演した際に「食事っていうのは異物を体内に取り入れる行為じゃないですか」「何も食べないで生きていられるなら、それがベスト」などの発言をして話題を呼んだ本郷は、潔癖性で食事が苦手という自分の特性を踏まえた上で、合理的に生きることを心掛けているという。

そんな本郷が「行けたら行く」といった曖昧な言動の人が理解できないと語ると、真面目さゆえにきっちりしていないことが許せない坂上や芳根らも大きく頷いて同意した。

ところが、料理好きの芳根が餃子や肉まんを皮から作るのが楽しいと語り始めると、本郷が潔癖性と合理性から既製品を推しつつ反論。

これに対して芳根は体を本郷に向けて座り直し、料理に手をかける楽しさと幸せを語った。

一向に歩み寄れず、言い合いになる2人に挟まれて座っていた坂上が「できれば楽屋でやっていただけると…」と割って入ると、有吉が「こういう2人が付き合うドラマあるよね」と続けてスタジオを沸かせた。

次回は6月8日(木)夜9.57より放送予定。ゲストは藤原竜也、市原隼人、三浦貴大が登場する。

最終更新:6/2(金) 11:45
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ