ここから本文です

独自の長期熟成で育まれた旨味 NY発のステーキ専門店が日本上陸

6/2(金) 23:01配信

WWD JAPAN.com

 オーイズミフーズは6月30日、ニューヨーク発のステーキ専門店「ベンジャミン ステーキハウス(BENJAMIN STEAK HOUSE)」の日本1号店を六本木にオープンする。6月5日から予約受付を開始。現在ニューヨークで3店舗を展開しており、今回が米国外では初めての出店だ。

 同店は、レストラン格付けガイドブック「ザガット(ZAGAT)」のニューヨークのステーキハウス部門3年連続ベスト3位にランクインしたステーキ専門店。アメリカ農務省の最上グレード“プライム”に認定されたビーフを独自の製法で28日間以上熟成した肉を使用する。メニューは、シンプルに塩のみを振り高温で一気に焼き上げたティーボーンステーキ(1万6000~3万2000円)やサーロインステーキ(9000円)などを用意。ランチタイムには、1日10食限定で熟成肉バーガー(2500円)なども提供する。

最終更新:6/2(金) 23:01
WWD JAPAN.com