ここから本文です

アンチエイジングにもなるストレッチ

6/2(金) 8:00配信

BEST TIMES

通勤電車に揺られながら、最近疲れがたまっているな~とボヤくサラリーマンの方必見。疲れの原因はお尻の固さにあるのです。それを解消する最も効果的な方法はストレッチ。先ごろ『お尻をほぐせば「疲れ」はとれる』(ベスト新書)を上梓。「Tarzan」でもお馴染み、坂詰真二トレーナーに語っていただいた。

「ロコモ」になってしまってからでは遅い

 ストレッチは見た目だけではなく、体そのものの老化も予防します。

 いくら見た目に若々しくても、体が思うように動かない、つまり機能が衰えてしまったのでは快適な生活は送れません。

 一般に加齢に伴って運動器と呼ばれる骨、関節、筋肉などの病気や機能低下が起こり、姿勢が悪くなったり、歩行速度が低下するなどします。この状態をロコモティブ・シンドローム(運動器症候群)、略してロコモと呼びます。

 ロコモの状態に陥ると、つまずきによって容易に転倒しやすくなったり、またこのつまずきよって簡単に骨折しやすくなり、その結果長期間の入院や安静を余儀なくされ、歩行が難しくなったり、歩けなくなることさえあります。こうなると支援や介護が必要です。ロコモは、要支援・要介護予備軍と言い換えてもいいでしょう。

 このつまずきの大きな原因も柔軟性の低下と姿勢の悪化。背すじを伸ばして足を大きく振って歩くのが本来の姿ですが、猫背で足を引きずるように小股で歩くことでちょっとした段差につまずきやすくなるのです。

 残念ながらロコモになってしまってからでは、なかなか回復は難しいのが実情です。できるだけ若いうちに姿勢や柔軟性の重要性に気づき、意識して姿勢を正すととともに、ストレッチで柔軟性を保つことができればロコモのリスクは大幅に低下します。

 〈『お尻をほぐせば「疲れ」はとれる』 (ベスト新書)より構成〉

写真:末松正義

記事提供社からのご案内(外部サイト)

出版社ベストセラーズの編集者が作る「感情を揺さぶる」情報マガジン「BEST TIMESベストタイムズ」。