ここから本文です

板野友美、イメチェンに「生え際の後退が加速?」 新曲セールス伸びず「サムアップボタン押せません!」

6/2(金) 9:00配信

おたぽる

 先月26日、歌手の板野友美が自身のインスタグラムに「前髪を切りました」と美容室で髪の毛を切った際の動画をアップ。その後、前髪パッツンになった姿を披露したのだが、「おでこがまた広くなってないか?」「生え際の後退が加速してる?」などと、ネット上では髪形よりもおでこの広さを指摘する声が多く飛び交った。

板野友美、新曲タイトル発表で「SNS依存症?」 “仕事が一段落したら結婚”に「じゃあ、秒読み?」

「板野は髪の毛をカットした後、『じゃーん。誰って感じだよね』と、パッツンヘアーになった姿を動画で披露しているのですが、イメチェンしたその姿よりも、前髪から透けて見えるおでこの広さの方が反響が大きいようです。板野の生え際の後退を指摘する声は以前からあり、板野もインスタグラムに『#おでこ広い』というハッシュタグをつけて自撮り画像をアップするなど自覚しているようですが、『このままだと波平さんみたいになるのでは?』と将来の本格的なハゲ化を心配する声も寄せられているようです」(芸能関係者)

 板野の前髪が薄いことはAKB48に在籍していた頃から指摘されていたが、「卒業してから進行度が早くなったのでは?」「ストレスが原因?」などと、ソロでの活動が負担になっているのではないかと臆測する声も少なくない。

「AKB48在籍時には、グループ内での人気上位7名に名前を連ね、“神7”と称されるなど権勢を誇った板野ですが、2013年にグループから卒業すると徐々に失速。まだAKB48に在籍していた11年に発売したソロデビューシングル「Dear J」(You, Be Cool!/KING RECORDSで)は、発売初週で16.3万枚を売り上げ、『オリコン週間CDシングルランキング』で初登場2位を獲得するなど好記録をみせていたものの、5月17日にリリースした9thシングル『#いいね!』(同)は、発売初週の売り上げが約7,000枚で過去最低のセールスを記録。ランキングも初登場11位と、昨年4月に発売した8th「HIDE & SEEK」(同)に続いて2作連続でトップ10圏外となってしまいました。最新作はタイトルがタイトルなだけに、『全然よくないじゃん!』『こんな曲じゃサムアップボタン押せません!』などと揶揄する声が多く飛び交ってしまっているようです」(同)

 先月18日には、「たまたま元親友に会ったよ。笑」と、同じくAKB48から卒業後、歌手業で苦戦している高橋みなみとのツーショット画像をインスタグラムにアップしていた板野。「アイドル時代のオーラが完全になくなった」と指摘する声も少なくなかったが、イメチェンが功を奏して復活なるか。

最終更新:6/2(金) 9:00
おたぽる