ここから本文です

怪童・張本智和の下剋上 水谷隼も完敗認める「彼のためにも自分が強くならないと」

6/2(金) 4:30配信

THE ANSWER

日本のエースが13歳に大金星献上…素直に称賛「終始圧倒され良いとこなく敗戦」

 卓球の世界選手権(デュッセルドルフ)は1日、男子シングルス2回戦で史上最年少の13歳で日本代表入りした張本智和(エリートアカデミー)がリオデジャネイロ五輪銅メダルの27歳、水谷隼(木下グループ)を4-1で撃破した。日本の天才少年が世界の舞台で下剋上を達成。大金星を献上した水谷は完敗を認め、「彼のために自分がさらに強くならないと」と自身のツイッターで思いをつづった。

【動画】天才少年が世界でバンザイ! ITTF公式ツイッターが紹介した張本智和の下剋上の瞬間

 日本の卓球界にとって、歴史的な瞬間がドイツの地で訪れた。13歳の未来のエースが、27歳の現在のエースを撃破した。

 水谷は立ち上がりから張本の猛攻を受けた。第1ゲームから3連続でゲームを奪われた。第4ゲームを取って一矢報いたが、第5ゲームも流れを変えられず、完敗した。

 試合に敗れると、歓喜のガッツポーズを繰り出した13歳に自ら右手を差し伸べ、がっちりと握手。肩を叩いて健闘を称え、コートを去った。

 国際卓球連盟(ITTF)は「13歳が衝撃的な番狂わせを演じた」と公式ツイッターで速報し、動画付きで下剋上の瞬間を紹介。世界に驚きを与えた張本に対し、水谷も素直に完敗を認めた。

無念の敗戦も男子勢レベル向上の好機…再出発に決意新た「また0から頑張ろう」

 試合後、自身のツイッターで「終始圧倒され特に良いとこなく敗戦」と投稿。「みなさんの期待に応えられなくて申し訳ないです」とファンに謝罪し、さらに思いをつづった。

「彼のためにも自分がさらに強くならないとね」

 無念の敗戦だが、17歳平野美宇ら女子の躍進が目立っていた日本の卓球界において、男子のレベルがさらに向上する転機の試合でもある。

「また0から頑張ろうー」と今後に向け、決意を新たにしていた水谷。新たに現れた13歳の若きライバルと切磋琢磨しながら、さらなる進化を目指していく。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:6/4(日) 5:18
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。