ここから本文です

眞子さまの公式訪問先ブータン王国の若く美しい国王と王妃とは?!

6/2(金) 12:12配信

25ansオンライン

6月1日より、ブータン王国を公式訪問中の眞子さま。婚約に向けて準備をされているとの報道後、初めての公式訪問ということもあり大変注目を集めています。訪問先のブータン王国は、国民の幸福度が高いことでも有名ですが、世界の注目を集める最たる理由は、若く美しい国王と王妃の人気にあります。

【写真集】ブータン王国の若く・美しい国王と王妃

第5代ジグミ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク国王とジェツン・ペマ・ワンチュク王妃の出会いは約20年前。出会った時に、すでにお互いの未来を予想していたかのように、当時17歳の国王と7歳の王妃は結婚の約束をしたそうです。

ヒマラヤ山脈の東端に位置するブータンは、チベット仏教を国教にしており信仰深い人が多く、国内の至る所に寺院が点在しています。また、ブータン王国の伝統文化保護のため、公の場では民族衣装のゴ(男性)とキラ(女性)の常時着用が義務付けられているなど、独自の文化と発展を遂げてきました。そんな、ブータン王国の知名度をあげたともいえる、若く美しいワンチュク国王とジェツン・ペマ王妃。ブータン王国では、複婚制(一夫多妻制、一妻多夫制)が認められており、ロイヤルファミリーにおいても、ワンチュク国王のお父様にあたる第4代国王までは複婚制を採用していました。そんな歴史に終止符を打ったのがワンチュク国王。ジェツン・ペマ王妃との結婚に際して「生涯通して妻は一人とする」と宣言したのです。そんな、誠実で温かなおふたりの愛の物語も、国民からの高い支持を集める所以といえます。

眞子さまの外国公式訪問は3回目で、ブータン訪問は初めて。美しき愛で結ばれたワンチュク国王とジェツン・ペマ王妃と、婚約に向けて準備を始められた眞子様のあいだで、どのような会話が交わされるのでしょうか。大変楽しみですね。

KYOKO KAYAMA

最終更新:6/2(金) 12:12
25ansオンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヴァンサンカン

ハースト婦人画報社

2017年11月号
2017年9月28日発売

通常版:880円

『25ans』は、華やかで幸せな女性たちに、
今の時代のラグジュアリーを体験するための
インターナショナル・マガジンです。

Yahoo!ニュースからのお知らせ